国内外仮想通貨レンディング金利比較一覧/DeFi,CeFiマップまとめ

国内外仮想通貨レンディングプラットフォームレンディング

どうもバカルダー(@crptVaper)です。2017年から仮想通貨を始め、トレードせずに資産を増やせる「レンディング」で地道に資産を増やしています。この記事では国内・海外の仮想通貨レンディングサービス/Defiの特徴や金利を比較したまとめ記事を書いています。

「レンディング金利比較一覧」はリアルタイム更新なので最新の金利を比較できます。

Defi/Cefi仮想通貨レンディング金利比較一覧と対応通貨

集権型仮想通貨レンディングマップ(cefi)
金利最終更新:2021/03/07/03:37(24H毎)
主要通貨の金利一覧
BTCETHXRPLTC
Blockfi6.0%5.25%-5.0%
Crypto.com*11~6%
Coinlend2.81 %4.12 %2.29 %5.35 %
NEXO*24~5%
Binance0.1~2%
Bitrue5.3%5.3%4.1%5.3%
ステーブルコインの金利一覧
USDCUSDTその他GOLD
Blockfi8.6%9.3%8.6%5%
Crypto.com *16~12%1~6%
Coinlend3.25 %6.21 %--
NEXO *28~10%-
Binance-7%7%-
Bitrue10.3%-
その他=BUSDやGUSD等その他ステーブルコイン。*1:1ヵ月以上の拘束で金利アップ。 *2: NEXO保有で金利アップ
国内レンディング金利一覧
BTCETHステーブル
SBI VC1%--
Hashhub6%6%10%
Cygnos3%2%6%
Bitbank*1~3%1~3%-
Coincheck*1~5%1~5%-
GMO*1~3%1~3%-
BITMAX*2.9%3.4%-
*主要通貨は貸出上限に達しており新規貸出が困難
アルトコイン取り扱い一覧
LTCBCHXRPXEMXLMMONAIOSTその他
SBI VC-------0通貨
Hashhub-------0通貨
Cygnos2%2%-----0通貨
Bitbank*1~3%1~3%1~3%-1~3%1~3%-0通貨
Coincheck*1~5%1~5%1~5%1~5%1~5%1~5%1~5%5通貨
(詳細)
GMO*1~3%1~3%1~3%1~3%1~3%--3通貨
(詳細)
BITMAX*3.1%2.7%2%----1通貨
(詳細)
分散型仮想通貨レンディングマップ(defi)
金利最終更新:2021/03/07/21:40(30分毎)
ステーブルコインの金利一覧
DAIUSDCUSDTTUSD
Compound3.46%6.25%2.96%0%
dYdX9.75%6.62%0%0%
DMM0%0%0%0%
Fulcrum9.74%11.56%24.97%0%
Ddex0.2%3.53%3.27%0%
Aave5.28%14.19%14.14%1.64%
Cream0%0%0%0%
Idle9.55%11.16%11.83%1.65%
YearnVaults16028.93%18.51%9.65%21.43%
YearnYCrv25.49%25.49%25.49%25.49%
YearnCrvBusd55.36%55.36%55.36%0%
CurveComp6.54%6.54%0%0%
CurveUsdt4.51%4.51%4.51%0%
CurveY7.02%7.02%7.02%7.02%
CurveBusd17.2%17.2%17.2%0%
CurveSusd1.85%1.85%1.85%0%
CurvePax0.85%0.85%0.85%0%
Curve3Pool2.12%0%2.12%0%
CurveGusd1.6%1.6%1.6%0%
CurveMusd1.31%1.31%1.31%0%
*: Compoubd、Curve、Idleは追加で各ガバナンストークンが貰えます。
主要通貨金利一覧
ETHWBTCLINK
Compound0.19%0.26%0%
dYdX0.01%0%0%
DMM0%0%0%
Fulcrum0.02%4.23%0.02%
Ddex0%0%0%
Aave0.11%0.06%0.33%
Cream0%0%0%
YearnALink0%0%3.05%
YearnCrvBtc0%4.14%0%
CurveRen0%0.98%0%
CurveSbtc0%1.2%0%
CurveHbtc0%1.47%0%
interest rate Provided by Loan Scan

用語説明

集権型と分散型レンディング

集権型は取引所や貸出・借入を仲介する企業等が預けられた資産を管理・保護しているプラットフォームです。

分散型については、現在は主にイーサリアムのスマートコントラクトを使い管理者が不在でも問題なく貸出・借入・返却を行えるように作られたプラットフォームです。

Liquidity pool(流動性プール)

流動性プールは複数の貸し出したい人が事前に資金を積み立ててプールさせておき、その中から借りたい人へ貸し出すシステムです。

Compund、dydx、Fulucrum、DDEXがこの方式です。貸出・借入利率はその需要バランスから各々のアルゴリズムで決定します。

用語の説明は以上です。次は、それぞれのメリットやデメリット・特徴を見ていきます。初心者の方でも始められやすい「集権型国内⇒主権型海外⇒分散型」の順に解説していきます。

ただし、レンディングはどこを使っても必ず「ノーリスクではない」という事を知っておいてください。

集権型レンディング

集権型のレンディングプラットフォームは、主にFXをするユーザーや機関投資家、取引所に貸し出したり、借り手に利子をつけて貸し出して利息を貰うシステムです。

借り入れ側と貸出側を仲介して資産を管理する中央機関を信頼して預ける必要があります。

集権型のメリット

  • パスワードを紛失しても回復手段がある
  • レンディングできる通貨の種類が多い

パスワードを紛失しても回復手段がある

アカウント情報を管理している機関に預けているので、パスワードやIDを忘れてしまっても回復手段が用意されているので、分散型のように紛失がそのまま資産の喪失にはなりません。

レンディングできる通貨の種類が多い

分散型のようにETHのスマートコントラクト中心のシステムを使用していないのでERC20トークンの縛りがありません。なので、BTCやLTC、XRPなどの通貨もレンディング可能です。

集権型のデメリットはハッキングやカウンターパーティリスク

集権型の一番のデメリットはこれです。自分のアカウント情報をしっかり守っていても運営がハッキングされてしまうとレンディングしている資産を失う可能性があります。

また、管理している取引所やプラットフォームが破綻した場合、資金が返還されないカウンターパーティリスクもあります。

トラブル時の救済は運営次第

もし何らかのトラブルがあって貸し手に損失が出てしまう場合、救済されるかどうかは運営者の判断に掛かってきます。なので「運営がしっかり利益を出してそうか」も選ぶ基準の1つにしていいでしょう。

国内仮想通貨レンディングサービス7つ

国内の仮想通貨レンディングサービス7つを紹介します。国内レンディングサービスは全て手数料は無料です。

ただ、レンディングは非常に人気でBTCやETH等の主要通貨はほとんどの取引所で貸出上限に達しており、新規の貸し出しは困難な状況です。

国内仮想通貨取引所の比較は以下の記事で紹介しています↓

SBI VC

SBIが運営する取引所のレンディングサービスです。現在、BTCのみレンディング可能で金利は1%、ロック期間は84日固定です。

通貨利率ロック期間最低貸出量
BTC1%84日0.1BTC
Loading

Hashhubレンディング

仮想通貨ブーム以前から「Hashhub research」というリサーチレポートを法人や個人向けに有料配信している新しい会社です。まだ先行公開の段階で、2021年夏に本格スタートする予定です。

まだ正式開始前なので問い合わせに対して個別に丁寧に説明してもらえるようです。現在はレンディング開始のために最低100万円相当の通貨が必要です。

通貨利率ロック期間最低貸出量
BTC6%無し100万円相当
ETH6%無し100万円相当
DAI10%無し100万円相当
HashHub Lending
国内最高水準の貸し出し年率の暗号資産(仮想通貨)レンディング

Cygnos

2020年からスタートしたレンディング専門サービスです。資金ロックはありませんが、現在は最低貸出数量が大きめです。

通貨利率ロック期間最低貸出量
BTC3%無し1BTC
ETH3%無し200ETH
LTC4%無し2000LTC
BCH4%無し700BCH
ステーブル6%無し25万ドル

専用リンクから登録すると新規登録から30日間通常の利率×1.03に金利がアップします。例えば、3%⇒3.09%、4%⇒4.12%、6%⇒6.18%となります。

コインチェック

多くの通貨に対応していますが、貸出上限到達の通貨が多く、不人気の通貨でないと貸出申請してもなかなかレンディング開始できません。

通貨利率ロック期間最低貸出量
全通貨1%14日10万円相当
全通貨2%30日10万円相当
全通貨3%90日10万円相当
全通貨4%180日10万円相当
全通貨5%360日10万円相当

レンディング対応通貨は、BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM、QTUM、BAT、IOST、ENJの15通貨

ビットバンク

ビットバンクのレンディングは募集のある月のみ応募できます。期間は1年のみで、貸出数量により利率が変わります。

こちらもBTCやETHは上限に達しており、なかなかレンディングできません。

通貨利率ロック期間最低貸出量
BTC1%1年1BTC以上
5BTC未満
BTC2%1年5BTC以上
10BTC未満
BTC3%1年10BTC以上
50BTC以下

その他対応通貨はETH、LTC、XRP、MONA、BCH、XLMです。

GMOコイン

毎月15日朝6時に翌月スタート分のレンディング受付がオープンになります。ただ、ほとんどの通貨が貸出上限に達してしまっています。

通貨利率ロック期間最低貸出量
BTC1%1か月0.1BTC
BTC3%3か月0.1BTC

その他レンディング対応通貨は、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM、BAT、OMG、XTZです。GMOコインのレンディングの方法やリスクについては以下の記事へどうぞ。

BITMAX

LINEが運営する仮想通貨取引所です。LN(LINEトークン)以外はロック期間無しですが、こちらも貸出上限に達しており、LN以外はレンディングが出来ない状況です。

通貨利率ロック期間最低貸出量
BTC2.9%無し0.1BTC
LN8%30日10LN
LN10%60日10LN
LN12%90日10LN

その他対応通貨は、ETH、LTC、BCH、XRPです。

BITMAX(ビットマックス)|かんたん、安心、やさしい。LINEで始める暗号資産
BITMAXはLINEアプリ上で暗号資産取引ができるサービスです。初心者にもやさしいシンプルな画面で1,000円以下の少額から始められます。LINEで簡単かつ安心な暗号資産を始めてみませんか。

海外仮想通貨レンディングサービス3つ

海外のレンディングは貸出上限が無い所が多く、利率も高めで国内より柔軟に運用できます。解約してすぐに資金移動が可能なところもあるので金利が高い所をその都度使ったりも出来ます。

海外レンディング専門サービスはBTCやETH等の値動きがある通貨の利率が安定して高いのが特徴です。

ただし、サイトやサポート等、基本的に日本語には対応していません。

BlockFi-Geminiが保管

2017年から仮想通貨を担保にしたドル貸付サービスを展開していたようです。2019年3月から個人でのレンディングが可能になりました。ゴールド(PAXG)もレンディングできます。

  • 対応通貨は現在BTC、ETH、LTC、ステーブルコイン、PAXG
  • 最低貸出数量無し、手数料は無料。
  • いつでもキャンセル可能、基本1営業日で出金可。
  • カストディアンはGemini(2億ドル保険有り)
  • 月に1回支払い。表示金利は複利を考慮した数字です。
  • 出金手数料毎月1回無料。

Geminiについて

Geminiもデロイト社のセキュリティテスト( SOC 2 Type 1 及び Type2報告書を取得)を通過している取引所及びカストディアンです。

Geminiはニューヨーク州金融サービス局(NYSDFS)に規制されており、ウィンクルボス兄弟が運営しています。ステーブルコインGUSDも発行しています。

Safest Crypto Exchange | Gemini
To be the safest cryptocurrency exchange, Gemini has operated with a security-first mentality from day one. Our security philosophy adheres to three principles.

現在25ドル相当以上の入金で25ドルキャッシュバック中です!詳細↓

NEXO

nexoはCredissimoという10年以上続くEUの金融規制当局に登録されている企業の関連サービスです。財務的な監査はデロイト社より受けていることを公表しています。

既に実績のある企業の関連プラットフォームでBitGoがカストディアンという安心感が売りです。(正確には NEXOとCredissimoは独立した法人です )

  • 現在貸出できるのは7通貨+ステーブルコイン
  • 最低貸出額は1ドルから
  • 現在のレンディング利率は4~10%
  • 10%以上のNEXO保有で金利25%アップ
  • 利息に対する手数料も無料/拘束期間も無し

また、NEXOというトークンでICOを行っており、NEXOホールダーに利益の30%を分配する仕組みがあります。ただし、配当の頻度はまだ決定されていません。

Bitgoについて

BitGoは米サウスダコタ州の規制当局から認可を取得している、仮想通貨のカストディアン(保管業者)です。完全に信頼して良いとは思いませんが、集権型のサービスでもBitGoがカストディアンだと安心感はあります。

デロイト社のセキュリティテスト(SOC 2 Type 1 及び Type2報告書を取得)を通過しています。

BitGo - The leader in institutional digital asset custody, trading, and finance
BitGo is the leader in institutional digital asset custody, trading, and finance. We enable our clients to navigate the complex landscape of digital assets with...

具体的なレンディング・借入手順の解説↓

Nexoの基本情報と信頼性、リスク、独自トークンについて↓

Crypto.com-Ledgerのシステムによる保管

アメリカとシンガポールでVISAデビットカードを発行する香港の企業です。MCOとCROという通貨を発行しています。MCOをステーキング(ロック)することでデビットカードの発行や貸出利率のアップが可能です。

  • 対応通貨は9種類+ステーブル4種類
  • 利率はMCOロックの有無・ロック期間によって増減
  • 最高金利は3か月ロック+500MCOのステーキングが必要
  • 配当支払いは週1回。手数料は無料。
  • Ledger Vaultに1億5千万ドルの保険あり

顧客資産の100%をコールドウォレット保管であることを公表していて、保管にはLedger nano S を販売するLedgerの機関向けシステム(Ledger Vault)を採用しています。

Ledgerについて

Ledger nano Sを販売するLedger社の機関向けカストディプラットフォーム「Ledger Vault」はCrypto.comやBitstamp、uphold等にも採用されています。

Ledger Vaultはカストディサービスというより、「仮想通貨の安全な管理方法の提供」と言えます。また、1億5千万ドルの保険の獲得にも成功しています。(日本語での解説)

Ledger Vault - solution to scale your digital asset business
Ledger Vault is the ultimate solution to secure your digital assets, without compromising your investment business agility, compliance, and enabling you to buil...

最低貸出数量や出金手数料、キャンペーンやその他詳細は以下の記事へ↓

Crypto.com - The Best Place to Buy, Sell and Pay with Crypto
Crypto.com is the pioneering payment and cryptocurrency platform. Through Crypto.com, you can buy crypto at true cost and buy 55+ cryptocurrency such as bitcoin...

海外取引所レンディング

海外取引所のレンディングは基本的に金利が相場の状況によって変動します。レンディング専門サービスに比べてステーブルコインの金利が高めなのが特徴です。

BTC暴騰時などは短期間ですが年利100%を超えることもあります。

Binance

バイナンスのレンディングはロック無しのプラン(Flexible saving)と7日~90日ロックのプラン(Locked saving)があります。手数料は無料。

Flexibleは高くても2%以下が多いですが、Lockedならロック期間により4~8%程の金利が得られます。

Create a free account | Binance
Register an account with Binance today

OKEX

香港の取引所です。あまり話題になりませんでしたが、実はOKEXにも「piggy bank」というレンディングサービスがあります。

  • 対応通貨は現在13通貨
  • 最低貸出数量は無し
  • 資金拘束は3日間
  • 利率は日々変動します。
  • 手数料は利息の15%です。

なので、3日に1回しか利息が支払われず、あまり効率は良くありません。ただし、現物はもちろん、豊富な先物やオプション取引もあるので上級者には便利です。

Cryptocurrency Exchange | Buy Bitcoin | Bitcoin Exchange | Crypto Exchange
OKEx is a secure crypto exchange that makes it easy to buy, sell, and trade cryptocurrency like Bitcoin, Ethereum, and more. Buy crypto with credit card & PayPa...

Coinlendで操作できるレンディング出来る取引所2つ

以下の3つの取引所はCOINLENDなどの自動レンディングBOTで操作できます。基本は無料で利用できて、詳細な設定をしたい場合は利息の3%の手数料が必要です。

これらのプラットフォームは利率がリアルタイムで変動します。COINLENDの使い方は詳細は以下の記事でどうぞ

Bitfinex

香港の取引所です。仮想通貨とUSD、EUROなどもレンディングできます。

  • 対応通貨は28種類
  • 最低貸出数量は50USD相当の通貨
  • 手数料は利息の15%
  • 2日から30日の間でレンディング可能
Bitfinex | Cryptocurrency Exchange | Bitcoin Trading | Futures Trading | Margin Trading
Bitfinex is the longest-running and most liquid major cryptocurrency exchange. Founded in 2012, it has become the go-to platform for traders & institutional inv...

Poloniex

アメリカの取引所でしたが、後にTRX運営が買収したので好き嫌いが分かれる取引所です。

  • 対応通貨は12種類
  • 最低貸出数量は通貨により異なるのでこちらから確認できます。
  • 手数料は利息の15%
  • 2日から60日の間でレンディング可能
Poloniex - Crypto Asset Exchange
Buy, sell, and trade Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), TRON (TRX), Tether (USDT), and the best altcoins on the market with the legendary crypto exchange.

Bitrue – ハイリスク・ハイリターン

シンガポールの取引所です。XRP基軸の通貨ペアがたくさんある事で少し話題になりました。2019年6月にハッキング被害に遭っていますが、顧客の損失はカバーされたようです。

  • レンディングできるのは10通貨とステーブルコイン
  • 手数料無し・資金ロック無し or 30日プランあり
  • 最低貸出数量は通貨により異なる

Bitrueでは日本時間の11時と23時にレンディングの受付が開始され、規定数量に達すると締め切られます。間に合わなかったら、次の受付開始まで待つ必要があります。

初回登録で5XRP~10XRP貰えて、1日1回のログインボーナスで0.01XRP貰えるので登録だけはしています。

Trade, Borrow & Invest at Bitrue
Be it bullish or bearish, master or rookie, Bitrue leads you to fortune.

Bitrueのレンディング金利や参加方法を調べて見ました。↓

分散型レンディング (Defi)

分散型レンディングは現在。主にETHのスマートコントラクトによって運用されています。このようなプラットフォームはDAppsと呼ばれています。

また、DAppsの中で金融に関するものはDefi(Decentralized Finance platforms)=分散型金融プラットフォームとも呼ばれています。

分散型のメリット

  • 秘密鍵を運用者に預けないので取引所リスクが無い
  • 人件費などの中間マージンを削減できる(事が多い)
  • 基本的に(貸出総額>借入総額の状態なら)いつでも出金可能です。

秘密鍵を預けない

分散型のメリットはこれが一番大きいです。取引所のような場所に自分のウォレットの秘密鍵を渡さないので、取引所のハッキングリスクとは無縁でいられます。

とはいえ、イーサリアムやスマートコントラクトにも開発者が想定していない虚弱性が見つかる可能性もあります。また、サイト上に[Decentralized][Noncustody]と書かれていても鵜呑みにしないリテラシーも必要です。

中間マージンを削減できる

分散型は資産の貸出・借入・返却を全てプログラムでシステマチックに行うので運用者の作業が少なくて済みます。よって、サービス手数料等の中間マージンを削減できます。

分散型のデメリット

  • 集権型に比べて利率が低い場合が多い
  • 自分の秘密鍵やパスワードを紛失すれば資産を失う
  • レンディングできる通貨が限られる

利率が低い場合が多い

現状、集権型に比べて分散型の利率は低い場合が多いです。今後、もっと広く使われていけば利率は良くなるかもしれません。

秘密鍵やパスワードを失うと資産を失う

分散型は秘密鍵を自分で管理する必要があるので、秘密鍵やパスワードを紛失してしまうと取引所などのように回復したり、リセットしたりできません。

アカウント情報をきちんと管理するリテラシーが必要になります。

レンディングできる通貨が限られる

イーサリアムの技術を使っているので、レンディングできる通貨は基本的にETHやERC20トークンに限られます。ただし、BTCの場合はWBTCというERC20化され、BTCにペッグされた通貨でレンディングできるDefiもあります。

Compoundを使ったプラットフォーム

Compound

Compoundは外部ウォレット(MetaMask等)と直接つないでレンディング・借入できる流動性プールのDAppsです。

ブロック生成ごと(約15秒ごと)に複利で預入資産が増えていきます。また、基本的に(貸出総額>借入総額の状態なら)借入・貸出をいつでもキャンセル可能です。

現在は借入、貸出ともに利用するだけでCOMPトークンが貰えます。詳しい方法などは以下の記事をご覧ください。

Compound
Compound is an algorithmic, autonomous interest rate protocol built for developers, to unlock a universe of open financial applications.

Dhrama

Dharma当初は「外部へのP2Pマッチングのプラットフォームの提供」でしたが、「独自のP2Pプラットフォーム」を経てようやく今の形に落ち着いたようです。

Web3ウォレットを使用せず、「従来のアドレス・パスワード方式」か「Coinbaseアカウント」でログインして、DAIとUSDCをレンディング出来ます。(金利はCompoundに準拠します。)

機能をシンプルに「貸出」と「引き出し」のみに絞る事で誰でも簡単に使えるのが特徴です。

Dharma — Your Onramp To DeFi
Trade 2,000+ DeFi assets directly from your bank account, up to ,000 per week.

Argent

「GAS(手数料)が不要のETHウォレット」として登場したETHウォレットアプリです。アプリ内から直接Compoundにレンディングできます。

その他にも「秘密鍵を信頼できる複数人で管理」「ENS(分かりやすいETHアドレス)作成が無料」「1日の最大出金量を制限できる」等便利な機能が備わっています。

Argent
Enjoy one tap access to DeFi and no seed phrase.

Linen

Linenはまだサービスが始まっていませんが、VISAデビットカードを発行する予定のアプリです。Linenアプリにデポジットした分が自動的にCompoundへレンディングされ利息が付く仕組みです。(金利はUSDCの物が適用)

デビットカードなので日本で使えるようになるのはかなり先かもしれませんね。既にwaitlistへの登録が出来るようなので、海外に居住の方で興味のある方は登録してみて下さい。

Linen App - Interest on Your Digital Dollars
Using Decentralized Finance or DeFI

マージントレードができるプラットフォーム

dydx

dydxはレンディング、借入、マージントレード、現物トレードができるプラットフォームです。私が一番使っているDefiだと思います。

dydxの特徴はなんといっても「トレードの指値をしている間も利息が付く」所です。また、手数料もかなり安く抑えられます。

DAIとUSDC間での「レバレッジを掛けた金利アービトラージ」も手軽に実行できます。

https://dydx.exchange/
The most powerful open trading platform for crypto assets. Margin trade, borrow, and lend cryptocurrency.

Fulcrum

Fulcrumではレンディングと最大レバ4倍のマージントレードがでます。借入には「torque」というプラットフォームが用意されています。

Compoundやdydxとはまた違ったアルゴリズムで金利計算されています。ZK Labという所によって監査済みのようです。(監査レポート

Crypto Margin Trading with Fulcrum | bZx
Try non-custodial crypto margin trading at DeFi platform Fulcrum. Enter into short/leveraged positions up to 5x without open fees. ETH and wBTC are available.

DDEX

DDEXはレンディング、借入、マージントレード、現物トレードができます。Defiのなかでは珍しくUSDTに対応しています。

金利が他のDefiに比べて高い時が多いような気がします。PeckShieldという中国の会社によって監査済みです。(監査レポート

DDEX - Decentralized Margin Exchange

Nuo Network

Nuo Networkはレンディング、借入、マージントレードができるプラットフォームです。Nuoの場合はメタトランザクションという技術が使われており、貸出などのアクションに対してGASが発生しません。

詳しい方法などは以下の記事をご覧ください。

Nuo - Lend and Borrow Cryptocurrency
Earn daily interest on Ether or get instant crypto backed loans

AAVE

ETHLendを運営していたAAVEによる流動性プールのDefiです。借入金利を安定型と変動型から選択できる新しい形のDefiです。無担保で資金を借り1TXで返却するという開発者向けの「flash loan」というプロダクトも利用可能です。

Aave – Open Source DeFi Protocol
Aave is an Open Source and Non-Custodial protocol to earn interest on deposits and borrow assets. The protocol features Flash Loans, the first uncollateralized ...

DMM(Defi Money Market)

2020年6月にIDO(DEXオファリング)を行いDMGというガバナンストークンを発行したDefiです。DMMに預けて得られる利息は現実世界で物質を担保(現在は自動車)にお金を借りている人が支払っています。

現実の担保とブロックチェーンを透明性を持って関連付ける部分にChainlink Oracleを使用しています。また、DMMエクスプローラーでDMMが所有する担保の価値やそれぞれの契約書を確認する事ができます。

DMMに資産を預けると代わりにmトークンを受け取り今後Uniswap等でも取引できるようになると思われます。セキュリティ監査は1社から受け、完了済みです。

DMM Swap
Swap your crypto for mAssets to earn consistent interest backed by real-world, revenue-producing assets.

MakerDao-DAI発行

MakerDaoはステーブルコインDAIを発行しています。ETHかBATを担保にしてDAIを発行(借り入れ)できます。

新しい複数担保型DAIでは資金を預けることで利息が付くようになりました。金利は定期的に変動します。

借入担保は借入額の150%以上を保つ必要があり、それを下回ると清算されて13%のペナルティが担保から差し引かれてETHが返却されます。

Maker daoのCDP Portalのスクリーンショット

現在、単数担保型(SAI)と複数担保型(DAI)どちらも発行可能です。SAIの発行はCDP Portalから、DAIの発行、レンディングはOasisから行えます。

MakerDAO | An Unbiased Global Financial System
Makerは、世界経済に金融の安定と透明性をもたらす分散型の組織です。

Defi管理プラットフォーム

複数のDefiを一つのインターフェイスで操作できるプラットフォームです。恐らく、現時点で以下の3つ以外に他にもたくさん存在し、今後もどんどん増えていくと思います。

InstaDAppとZerion

InstaDAppとZerionは共に「Compound」、「MakerDAO」、「Uniswap」を一つのプラットフォームで管理・利用できるサイトです。

InstaDAppでは「プロトコルブリッジ」と呼ばれる、より低い金利でDAIを借りる事ができる機能を利用できます。

Instadapp
Zerion — Invest in DeFi from one place
Zerion is the easiest way to build and manage your entire DeFi portfolio from one place. Discover the world of decentralized finance today.

DeFi Saver

DeFi Saverは「MakerDAO」「Compound」の通常機能に加えて

  • DAIの追加発行と返済を自動化する「Automate CDP」
  • Compound、dYdX、Fulcrumを比較して1TXで資金移動できる「SmartSavings」
  • Kyber,Uniswap,Oasisの中から一番良いレートでトレードする機能

が利用できます。

DeFi Saver - Next generation DeFi management dashboard
DeFi Saver is an advanced management dashboard for decentralized finance protocols, including MakerDAO and Compound.

自動リバランス

それぞれの金利を比較して、より良い方へ自動的に資金を移動してくれるプラットフォームです。

idle

CompoundとFulcrumのうち金利が高いほうに自動リバランスしてくれます。手数料は無料のようです。対応通貨は現在DAI,USDCです。

DAIをidleにデポジットするとIdleDAI(ERC20)を引き換えに受け取ります。

Idle | Always the best yield, with no effort

Staked-RAY

Stakedはアルトコインのステーキングを行う会社です。その中のサービスの一つにRobo-Advisor for Yield (RAY)と呼ばれる自動リバランスがあります。

RAYではCompound、dYdX、Fulcrumのうち最も金利が高い方へ自動リバランスしてくれます。対応通貨はSAI、USDC、ETHです。

ただし、公式FAQによると手数料が20%掛かるようです。

Staked - Compound Your Crypto
Staked helps investors compound their cryptocurrency investments by participating in staking or lending.

まとめ:分散型と集権型レンディングをどうやって使い分けるか?

ここまで20個以上のレンディングプラットフォームを紹介してきました。やはり、リスクを考えると、もっと分散型のプラットフォームが広まって成長していって欲しいと思います。

ステーブルコインのレンディングなら時期によっては集権型に負けないぐらい高い金利で運用できます。

しかし、BTCやETH等は集権型の金利の方が高いので、出来るだけ「保険がある所」に「分散して」利用したいところです。

2020年7月の私の利用状況

  • BTCレンディング:BlockFiを利用
  • ETHレンディング:BlockFiとGMOを利用
  • XRPレンディング:保有無し
  • ステーブルコイン:dydxとAAVEを利用

また、資金調達率を利用して「両建て」や「レバ1倍ショート」を使って運用するという考え方もあります。興味のある方は一度検討してみて下さい。

コメント

  1. 10000CRO より:

    大変有用な記事をありがとうございます。招待コードでサインアップして10000CRO購入しました。
    質問です。CROのステーキングは口座に置いておくだけで勝手にされるのでしょうか?もしくは手続きが必要でしょうか?
    AppでもWebでもよくわかりませんでした。ご存知でしたらおおしえください。

    • バカルダーバカルダー より:

      コメントありがとうございます!CROを購入後はアプリでカードの画面からCROをステーキングする必要があります。ステーキングしてから6か月後にロックが解除されて売却可能です。ただ、リファラ状況を確認した所、おそらく既に作業完了済みでボーナスも解除されていると思います。

      もし、まだステーキングしていないようでしたらこちらのCrypto.comのページを参考にしてください。

      それと、10USDCをキャッシュバックさせていただきますので、問い合わせページTwitterのDMで受け取り用ETHアドレスを教えてください。よろしくお願いします。

      • 10000CRO より:

        ご返事ありがとうございます。なるほどカードの画面から行くのですね。日本人にはカードは発行されないようなので、そこは訪れていませんでした。
        早速手続きを行い、無事ステーキングされました。また、ステーキング開始6か月後に利率が上がるのではなく、即日利率が上がりました。ここは私が勘違いしていました。6か月強制ロックされるので、こういう動きになるのですね。
        キャッシュバックは結構ですので:)いつも正確な情報を記載いただいているお礼です!

  2. フィッシャーマン より:

    コメントが消えてしまったよう?なので再度投稿させて頂きます。
    ブログを参考に勉強させて頂いてます。
    FTXでUSDのレンディングをしており、1時間毎に金利収入があるので、
    同じようにBTCも送付し、BTCでもLENDをクリックしているのですが、
    何も変化がありません。(金利は付かない)
    FTXではBTCのレンディングはしていないということでしょうか?
    お時間あるときに、ご回答頂けたら幸いです。

    • バカルダーバカルダー より:

      こんにちは。
      2つほど理由が考えられると思います。

      • 貸出開始するときに設定する「Minimum Yearly Rate」が現在の金利より低いのでレンディング出来ていない可能性
      • 貸出額が低くて金利が1satoshi未満の可能性

      受け取り金利の履歴はレンディングするページの「Lending History」で確認できます。
      よろしくお願いします。

      • フィッシャーマン より:

        ご返信ありがとうございました。
        単に金利が低いだけのようでした。