無期限先物(BTCFX)のFunding Rate(資金調達率)を使ってレンディングより高金利で運用出来る!?

無期限先物(BTCFX)のFunding Rate(資金調達率)を使ってレンディングより高金利で運用出来る!?仮想通貨

どうもバカルダーです。今回は無期限先物(仮想通貨FX)のFunding Rate(資金調達率)を使って値動きのリスクを抑えながらレンディングより高金利で運用する(可能性がある)方法を紹介します。

この運用方法はレンディングで放置しているのがつまらないという方や、もう少しリスクを取ってより高い金利を目指したい方向けだと思います。

Funding Rate(資金調達率)とは?

Funding Rate(資金調達率)は無期限先物取引で主に現物価格との乖離を是正するために設定されています。

ドルやBTCなど仮想通貨の金利、現物価格との乖離によって各取引所がそれぞれの計算式を使って算出し、一定時間ごとに買い手と売り手のどちらかから徴収し、どちらかに還元されます。

例えば、BITMEXの金利及び、計算式はこちらのページに詳しく書いてあります。

Funding Rate (資金調達率) のポイント

「Funding Rateがプラス」なら「売り手が貰える(買い手が支払い)」、「Funding Rateがマイナス」なら「買い手が貰える(売り手が支払い)」

基本的にどこの取引所もFunding Rateがプラスになっている状況の方が多く、売りポジションを保有していれば、ロスカットされない限りずっと貰い続ける事ができます。

※もちろんファンディングレートがマイナスの状況が続いてしまうとトータルで資金を減らしてしまう可能性もあります。

レンディングの代わりに使うメリット・デメリット(リスク)

レンディングの代わりに使うメリットとしては、

  • 実績と信頼が有りそうな取引所を選べる
  • レンディングより高金利を実現できる可能性
  • 自分のタイミングで資金を移動できる

中央集権のレンディングプラットフォームはまだスタートしてから日が浅い所も多くちょっと不安な部分が有りますが、無期限を取り扱う取引所ならBITMEXやBinance、OKEXを選択できます。

また、状況によりますがレンディングよりFunding Rateの方が高金利で運用できる場合があります。資金の移動に関しても資金拘束等が無く、ある程度必要に応じて出金することができます。

デメリットやリスク

  • ロスカットリスク
  • Funding Rateマイナスが続くとレンディングより低金利になる可能性

デメリットとして無期限のFXを使いますのでレバレッジ1倍より大きな資金を使うとロスカットリスクが有りますので、ロスカットにならないようにある程度監視しておく必要があります。

また、Funding Rateがマイナスな状況が長引くとレンディングより低金利での運用になってしまう可能性もあります。

Funding Rateを受け取れる取引所は全て中央集権型ですのでカウンターパーティリスクは中央集権のレンディングと同様にあります。

仮想通貨レンディングに関してはこちらもどうぞ↓

どのくらいの金利が受け取れるのか?

例えば、2019年11月のFunding Rateの合計をいくつか挙げます。括弧内は年利換算した金利です。

  • BITMEX: XBT/USD 0.6635% (7.9%)
  • BITMEX: ETH/USD 2.231% (26.77%)
  • Kraken Future : ETH/USD 1.063% (12.756%)
  • Binance JEX : BTC/USDT 1.0364% (12.436%)

もちろん全ての取引所が毎月ここまで高金利になるわけではありません。また、コストとして成行注文した場合の取引手数料とその場合のスプレッドも考慮する必要があります。ただ、レンディングで放置するより良い結果になる可能性は十分に秘めています。

目標となる金利

Funding Rate狙いの運用で目標となる金利はBTCやETHならBlockFiの6.2%及び4.1%でしょう。ドル建てなら8%以上を目指したいところです。

資金調達率で資金を増やす方法

では、値動きのリスクを抑えながらFunding Rate手数料を貰って資金を増やす方法を紹介します。この方法は「どの通貨を増やすか」によって違ってきます。

BTCを保有しながらBTCを増やしたい場合

BTCを保有しながらFunding Rate手数料でBTCを貰う方法です。ドル建ての価値は気にしない方向けです。無期限先物でショートして、Funding手数料の掛からない期限付き先物をロングすることで両建てします。

手順①

BTCを担保にできる取引所で任意の通貨をショート

手順②

BTCを担保にできる取引所で同量の通貨を期限付き先物でロング

ポイントおよびリスク

資金効率を高めながらロスカットされないようにするためにレバレッジ2倍以内程度がいいかも。ただし、先物の期限に注意。

例(1BTC=1000ドル): BITMEXのXBT/USDでレバ2倍で1BTC分をショート 、OKEX期限付き先物BTC/USDでレバ2倍で1BTC分をロング。

1BTC900ドルになった場合、BITMEXは100ドル分の利益と受取手数料、OKEXは100ドル分の損失。

※仮想通貨を担保にしている(1倍ロングの状態)ので下落した場合はドル建てでは損しています。

ショートした取引を決済すると同時に、ロングした先物も決済します。Maker手数料も出来るだけ貰いましょう。

ETHの場合も同様

ETHを保有したまま、ETHを増やしたい場合も同様に、ETHを担保にできる取引所で両建てすることでファンディング手数料を稼げます。

ETHの場合は金利が安ければDEX(dydxやfulcrum)を使ってレバ2倍以上でロングすることもできます。(ただしスプレッドが広い場合があるので注意)

ドル建ての価値を固定したまま資金調達率を稼ぎたい

次はドル建ての価値を固定したまま、Funding Rate手数料を稼ぐ方法です。これには2通りあってUSDTを使う方法と無期限でレバ1倍ショートする方法があります。

USDTを使う方法

USDTを使う方法は先ほどのBTCの場合と同じです。USDTを担保にできる取引所で無期限をショート、期限付き先物をロングして両建てします。

例:Binance Futureの無期限でショート、OKEX期限付き先物BTC/USDTでロング。Funding Rate手数料はUSDTで受け取る。

こちらは同様にロスカットリスクがあるのとUSDT(Tether社)特有のリスクがあります。

BTCやETHを担保に無期限でレバ1倍ショートする方法

こちらの方法は「ステーブルコインをレンディングして利息でBTCやETHを買う」というイメージです。レバレッジ1倍なのでロスカットはほぼ起こりません。

手順①

担保にしたい通貨を購入(レバ1倍ロングの状態)

手順②

購入した通貨を担保に無期限でレバ1倍でショート

無期限レバ1倍ショートの例

1BTC1000ドルで購入。BITMEXでレバ1倍でショート。

1BTC2000ドルになった場合:BTCの量は減るがドル建てでは変化なし、プラスFunding Rate手数料がBTCで得られる。

1BTC500ドルになった場合:BTCの量は増えるがドル建てでは変化なし、Funding Rate手数料がBTCで得られる。

ただし、受け取った手数料の通貨の価値が上下しますのでその都度ドル建ての金利が変化します。OKEXのように現物取引のウォレットに手数料無しで即時移動できると便利ですね。

BITMEXレバ1倍ショートした場合のロスカット価格

BITMEXでBTC価格8000ドルの時にレバレッジ1倍でショートした場合のロスカット価格は、下の画像のように約100万ドルですので数年忘れて放置していない限りはほぼ起こらないと言っても良いと思います。

bitmexのレバ1倍でのロスカット価格

資金調達率手数料が貰える取引所

以下の記事で資金調達率手数料が貰える無期限先物を取り扱う取引所をいくつか挙げて比較しました。基本的なデータと過去の資金調達率の推移も記載しています。

Krake FutureでETHレバ2倍ショート、dydxでレバ2倍ロングしてみた

試しにKraken FutureでETHを担保にショート、dydxでETHを担保にロングしてみました。

Krake Future

kraken futureのfundingrate

4.85ETH入金、ETH/USD144.60で約9.1ETH分をショート。5日間放置して143.35で決済。最終残高4.9622ETH

実現利益:0.0838ETH、往復受取取引手数料:0.0038ETH、受取Funding Rate:0.0246ETH、合計利益:0.1122ETH

dydx

4.88ETH入金、ETH/DAI約144.9で約9.1ETH分をロング。5日間放置して143.47で決済。最終残高4.79896ETH。合計損益:0.08104ETH

dydxについてはこちらもどうぞ↓

最終結果と反省点

最終的に5日間で0.03116ETH増えました。9.73ETHに対して5日間で0.03116ETH増えたので年利だと20%以上になりました。

Kraken Futureは日本語にも対応していますし、Funding Rateも高めなので結構おすすめです。ただ、dydxはまだ板も薄いし、スプレッドも広めなので恐らくkrakenで期限付き先物をロングした方が良い結果になったと思います。

その他にも色々な組み合わせで運用可能

ここまで上げてきた例はできるだけ計算がしやすいような組み合わせです。この他にも無期限でBTCをショートして同量のBTCを現物で買い、BlockFiにレンディングするという方法も可能です。

レンディングしてただ放置しているのがつまらないという方はいろいろ試してみてください。

コメント