[Defi]dydxでレンディングとマージントレード。レバ4倍で借金して金利を貰おう

5
dydxのレンディングとマージントレード仮想通貨

どうもバカルダーです。今回は分散型レンディング・マージントレードプラットフォームのdydxについて紹介します。

dydxの素晴らしい所は担保に入れた資金にも利息が付くため、ステーブルコインの金利差を利用して値動きのリスクを抑えながら最大レバ4倍でトレードしながら金利が貰えてしまうという所です。

dydxは分散型レンディングとマージントレードのプラットフォーム

dydxはイーサリアムのスマートコントラクトで稼働する分散型プラットフォームです。秘密鍵を自分で管理することができます。

取り扱い通貨はETH、DAI、USDCで、利用するためにはメタマスクかコインベースウォレットが必要です。

その他の仮想通貨レンディングとの比較はこちらへ↓

スマートコントラクト監査

スマートコントラクトの監査は Zeppelin Solutions(2019年4月の監査レポート)とBramah Systems(2019年2月の監査レポート)によって行われました。

各種手数料

トレード
⇒無料。ただし、指値を置けないので実質スプレッド分が掛かる(ETH/DAI-dydxのみ指値を置けるようになりました)

借入
⇒無料。ただし、強制ロスカットや期限切れの場合は別途

レンディング
⇒利息の5%が掛かる

清算時(強制ロスカット)
⇒5%掛かる

期限切れ(アメリカのみ)
⇒1%掛かる(アメリカ以外の人は無期限なので無料)

dydxを使うリスク

dydxは分散型ですが、リスクは0ではありません。

スマートコントラクトのバグや虚弱性を突かれたハッキング、仮想通貨の急激な価格変動によりロスカットの連鎖が起き、清算が間に合わずに貸し手に損失がでる等のリスクがあります。

dydxでは利息の5%を徴収し予め万が一の損失補填のためにプールしているようです。

dydxでのレンディング

dydxでのレンディングは非常に簡単です。レンディングしたい通貨をデポジットするだけでその瞬間から金利が発生します。

dydxでレンディング
借り入れたい場合はBorrowから

① 上部メニューのBalanceをクリック

②Depositをクリックして好きな通貨を入金

③現在の金利です。需要によって変化します。

貸出を中止したいときはいつでもWithdrawから出金可能です。

最低貸出数量や拘束期間や手数料について

最低貸出量の制限や拘束期間もありません。金利の支払いはcompoundのように数秒ごとに発生し複利で計算されます。

手数料については利息の5%ですが、表示される利率は既に手数料を割り引いて表示されるので自分で計算する必要はありません。

利息の5%はトラブル時に損失が出た場合の保険としてプールされます。

最低貸出量拘束期間支払い間隔手数料
無し無し数秒ごとの複利利息の5%

マージントレード(FX)

続いてはマージントレードです。取り扱い通貨ペアはETH/DAI、ETH/USDC、DAI/USDCです。ロングの場合はレバレッジ1.5~4倍、ショートの場合は1~3倍まで可能です。

dydxのマージントレード

左上のETH-DAIの部分をクリックして通貨ペアを変更できます。

DAI/USDCをロングすると金利が貰える!しかもレバレッジを掛けて

マージントレードでおすすめなのはステーブルコインのDAIとUSDCのペアです。

両方ともステーブルコインですので基本的に1ドル付近をウロウロしており、価格の変動があまりなく、どちらかの運営によっぽどの事が無い限りロスカットまでいきません。

レバレッジを掛けると金利が上がる

そして、現在はDAIとUSDCに金利の開きがある影響で、レバレッジを掛けてロングしていると通常よりも多くの金利を貰う事ができます。

例えば現在だとレバレッジ1.5倍でロングすると金利は22%(借入額に対して)にもなります。

※元本や注文金額に対して22%ではないので注意

dydxのマージントレード(FX)の注文画面
more options で最大スリッページを設定可能

①レバレッジを掛けて注文したい金額

②レバレッジを選択。customで 2.1~3.9まで自由に設定できます。

③について

Worst Price
⇒注文が滑ったときの最も不利なレート

Price Impact
⇒注文がレートに与える影響

Interest Rate
⇒金利(マイナスの場合は貰える)

Margin Deposit
⇒注文に必要な金額(レバを上げれば少額に)

Liquidation Price
⇒強制ロスカット価格(レバを上げればロスカしやすく)

レバを上げるほど、金利と必要証拠金は下がるが、ロスカットしやすくなります。

私の場合は1.5倍で金利が貰えなくなるまでそのままにしておこうと思っています( ロスカットに掛からない限り)

ちなみに、DAI/USDCロング以外にもETH/DAI、ETH/USDCをショートしても金利が貰えます。

DAI/USDCの具体的な金利シミュレーション

前提:手元に300DAIがあり、DAIの受け取り金利が10%、USDCの支払い金利が7%の時。1ドル=1DAI=1USDCとする

※DAI/USDCをロング=USDCを借り入れてDAIを買う事

単純に300DAIをレンディングした場合の1年の利息
300×0.1=30DAI

レバレッジ1.5の450DAIでロングした場合の1年の利息

150USDCを借り入れてDAIの合計は450

⇒450DAI×0.1-150USDC×0.07=34.5DAI

レバレッジ3の900DAIでロングした場合の1年の利息

600USDCを借り入れてDAIの合計は900

⇒900DAI×0.1-600USDC×0.07=48DAI

ETH/DAIのショートで価格変動リスクを減らして金利を貰うなら

ETH/DAIをショートして価格変動リスクを減らしながら金利を貰う場合、dydxのみではなく、TAOTAOのような取引手数料や建玉手数料が無料の取引所を使う必要があります。

例えば、dydxで2ETHをショートすると同時にTAOTAOで2ETHをロングしておくと価格変動に関係なく利息が貰えます。

ただし、dydxにはストップロスを設定する機能が無いのでロスカットには注意する必要があります。また、TAOTAOで注文するために必要な資金は金利を産まないので資金効率はDAI/USDCロングよりも落ちます。

注文状況の確認

自分が注文したトレードがどうなっているかは、Open Positionsで確認できます。

dydxのトレード確認
OPEN PRICEは約定した価格

貰えている利息は INTEREST EARNED で支払った利息は INTEREST OWED です。この差額がAMOUNTに加算されていきます。

LIQ.PRICE は清算(強制ロスカット)になる価格です。ロスカットされると清算手数料が発生するので注意が必要です。

dydxマージントレード注意点はトランザクション手数料

dydxのトレードの注意点はトランザクション手数料が結構嵩んでしまう事です。大体1回のトレードで2~3ドル掛かりますので、往復で4~6ドル掛かってしまいます。

金利を目当てにトレードするのであれば、出来るだけまとまった金額で長い期間注文を保持しないと手数料だけでマイナスになってしまいます。

その他の用語について

その他気になった用語について紹介します。

Account BalancesとWallet Balances

Account Balancesはdydxに預けられた資金の事で利息が発生します。Wallet Balancesは自分のウォレットの資金の事で、当然利息は付きません。

トレードするときは、両方の資金を合算して注文することができます。

トレードの種類ISOLATEDと「CROSS」について

ISOLATEDは通常のレバレッジを掛けたトレードの事です。

CROSSは 英語が難しくて完璧に分かっていないと思いますが、Account Balances にある資金の全体を担保にしてdydxの中でのみレバレッジを掛けずに、他の資産に交換するためのトレードです。

初期は担保比率1.25倍で1.15倍を下回ると清算されてしまうので注意が必要です。

例えば

1.25ETHで1ETH分のDAIをアカウント内で持つことができます。(ETHをショートしているのと同じ)ETHが値上がりすると清算される可能性が高まります。

メリットはETHをショートしながらDAIの金利を貰う事ができるですが、通常のトレードでETH/DAIをショートしても良いような気がします。詳しい方はコメント頂けると助かりますm(__)m

dydxのまとめ

dydxは以前からチェックはしていたのですが、仮想通貨FXをするならBitmexで良いし、レンディングならcompundと似たような金利だったのであまり使っていませんでした。

しかし、ステーブルコインのマージントレードで通常より多めに利息が貰えるようなので、ロスカットに注意しながら検証していきたいと思います。

dydxのようなノンカストディアルな分散型プラットフォームでもレンディングはリスクが0ではないことを肝に銘じておきましょう。

コメント