Funding Rate(資金調達率)手数料を狙って稼ぐためのBTCFX(無期限先物)取引所比較

Funding Rate(資金調達率)手数料を狙って稼ぐためのBTCFX(無期限先物)取引所比較仮想通貨

この記事ではFunding Rate(資金調達率)手数料を狙って稼ぐためのBTCFX(無期限先物)取引所を特徴をいくつか比較しながら紹介します。

Funding Rate(資金調達率)手数料を狙って稼ぐ方法は以下の記事をどうぞ。

出来高順位にはCoinGeckoのデリバティブランキングを参照しています。

仮想通貨担保の取引所4つ

BTCやETHを担保にFXが出来る取引所です。同じ通貨を担保にして両建てすることで通貨を保有したまま資金調達率が稼げます。もしくは、担保にした通貨をレバ1倍ショートすることでドル建ての価値を固定したまま資金調達率を稼ぐ事が出来ます。

※OKEXは仮想通貨に加えてUSDTも担保に出来ます。

BITMEX

Coingecko出来高1位の誰もが知ってるBTCFX取引所です。期限付き先物も取引可能ですので1つのアカウント内で両建てが可能です。可能な限りMaker手数料を貰うようにしましょう。

担保通貨対象板Funding Rate期限付き先物
BTCXBT/USD , ETH/USD5時/13時/21時有り
Maker手数料Taker手数料出金手数料出来高順位
-0.025%0.075%0.0002BTC~1位

2019年1月~11月の資金調達率の推移と合計

APIで資金調達率が取得出来たので、2019年のレートを調べて見ました。ETH/USDの方が高い時が多い印象でしたが、圧倒的に高金利でした。

合計レートはXBT/USDが6.36%、ETH/USDが51.53%という驚異的な数字でした。

BITMEXのETHUSDを両建てヘッジ(デルタニュートラル)できる?

BITMEXのETHUSDの資金調達率はかなり魅力的ですが、BTCを担保にETHUSDを取引するので両建てヘッジが非常に複雑で難しいためなかなか上手くできないようです。

BITMEXのETHUSDの特殊性についてはFcukOKsanさんのnoteがヒントとして非常に役立ちますので参考にしてみて両建てヘッジの方法が分かったら是非教えて下さいw

OKEX

担保にできる通貨の種類が多く、USDTも担保にできます。さらに、期限付き先物、現物取引、レンディングも可能なのでOKEXの1つのアカウント内で全て賄う事ができます。

ただし、Maker手数料の還元がありません。もうすぐオプション取引も開始するようです。

担保通貨対象板Funding Rate期限付き先物
BTC , ETH , ETC , LTC , EOS
XRP , BCH , BSV , TRX , USDT
各通貨/USD , BTC/USDT1時/9時/17時有り
Maker手数料Taker手数料出金手数料出来高順位
0.02%0.05%0.0005 BTC4位

直近30日(90回分)の資金調達率の合計

APIでは直近の100件しか取得出来ませんでした。何でも出来る非常に便利な取引所なんですがFundingRateはあまり高く無いようです。

BTC/USDETH/USDXRP/USD
-0.263%-0.718%-0.778%

Kraken Future

cryptofacilitieという取引所をKrakenが買収して出来た取引所です。5種類の担保に対応していて期限付き先物取引も可能です。ここは金利の発生が4時間ごとです。

出金手数料がTX手数料のみなのでETH等のアルトコインはかなり安く出金できます。

担保通貨対象板Funding Rate期限付き先物
BTC , ETH , LTC
XRP , BCH
各通貨/USD
BTC/XRP
1時/5時/9時
13時/17時/21時
有り
Maker手数料Taker手数料出金手数料出来高順位
-0.02%0.075%TX手数料15位

2019年9月から11月の合計資金調達率

クラーケンの資金調達率は高めです。どちらかというとETHの方が高いようです。

XBT/USDETH/USD
9月1.054%1.063%
10月0.809%1.009%
11月1.640%2.196%

Deribit

オプション取引で有名なオランダの取引所です。BTCとETHの無期限と期限付き先物が利用可能です。資金調達率は過去8時間で計算されて数秒ごとに発生するようです。

担保通貨対象板Funding Rate期限付き先物
BTC , ETHBTC/USD , ETH/USD 数秒ごと有り
Maker手数料Taker手数料出金手数料出来高順位
BTC無期限:-0.025%
BTC期限付:-0.02%
ETH共に:0.00%
BTC無期限:0.075%
BTC期限付:0.05%
ETH共に:0.05%
TX手数料6位

ステーブルコイン担保の取引所3つ

ステーブルコインを担保にFXが出来る取引所です。ドル建ての価値を固定したまま両建てすることで資金調達率のみを貰う事ができます。

Binane Future

無期限先物が出来て日が浅いですが、すぐに出来高2位になってます。無期限しかないので両建てするなら現物を買うか別の取引所の期限付き先物を併用する必要があります。

担保通貨対象板Funding Rate期限付き先物
USDTBTC/USDT , ETH/USDT1時/9時/17時無し
Maker手数料Taker手数料出金手数料出来高順位
0.02%0.04%0.0005BTC2位

2019年9月から11月の合計資金調達率

BTC/USDTETH/USDT
9月0.61%※
10月0.90%
11月 0.61%0.473114※

※BTCの9月は10日から20日分、ETHの11月は11月27日から22日分

FTX

1倍ショートヘッジトークン、レバ3倍、10倍トークンを扱う新しい取引所です。とにかく取り扱い通貨の種類が多く、ほぼ全ての通貨に無期限及び期限付き先物取引があります。主要な通貨は現物取引も可能です。

担保はステーブルコイン(USDC,TUSD,PAX,BUSD,HUSD)の5種類から選べます。独自トークンのFTT保有で手数料割引もあります。さらに出金手数料が無料です。

担保通貨対象板Funding Rate期限付き先物
ステーブル5種BTC , ETH等20種類以上1時間ごと有り
Maker手数料Taker手数料出金手数料出来高順位
0.02%0.07% 無料9位

2019年9月から11月の合計資金調達率

BTC/USDETH/USD
9月0.7233%1.3315%
10月0.4769%0.943%
11月1.7336%1.1043%

Binance JEX

Binanceが買収した先物取引所です。オプション取引と現物取引も利用できます。資金調達率が高くて良いのですが、そのうちBinance Futureに統合されるような気がします。

バイナンスのアカウントでログインできますが、ウォレットは別々なので本家と即時の移動はできません。

担保通貨対象板Funding Rate期限付き先物
USDTBTC , ETH , EOS/USDT1時/9時/17時無し
Maker手数料Taker手数料出金手数料出来高順位
0.01%0.06% TX手数料20位

2019年9月から11月の合計資金調達率

Binace JEXは8時間毎の資金調達率が安定的にほぼ0.01%になっているため月利1%近く狙えることが多いようです。

XBT/USDETH/USD
9月1.044%0.9%
10月1.224%0.93%
11月1.718%0.486%

TAOTAO

現在建て玉手数料が無料なので、両建てのロング側の役割としておすすめです。(紹介コード: 5s4aq の登録で3000円貰えるみたいです)

担保通貨対象板Funding Rate期限付き先物
BTC,ETH,JPYBTC , ETH , XRP
LTC , BCH/JPY
今は無料無し
Maker手数料Taker手数料出金手数料出来高順位
無しスプレッド 無料

BlockFiとの併用もあり

BTCやETHをレンディングできるBlockFiとの併用もありです。(ドル建てで計算)

方法としては2BTC購入してBITMEXとBlockFiに1BTCずつ入金。BITMEXでレバ2倍でショートします。これでデルタニュートラルの状態(2BTCをロング+2BTCをショート)になります。

2BTCを元手に3BTCに対して金利を貰う事ができます。(ロスカットに注意)

例:1BTC=6000ドル、12000ドルを運用し、1か月の金利が0.5%(年利6%)の場合

BITMEXBlockFi
入金1BTC1BTC
運用2BTC1BTC
金利/月0.5%0.5%
利益0.01BTC0.005BTC
利益 (usd)60usd30usd

12000ドル運用で合計90ドルの利益なので年利換算9%となります。実際にはBITMEXの金利の変動とBTC価格の変動によるポジション価額の変動により、日々の資金調達率で貰えるBTCが変化します。

例:ポジション価額の変動。資金調達率が0.01%の場合

ポジション価額=契約数×1USD×1/BTC価格
⇒BITMEX:ポジション価額と資金調達率

●BTC=6000ドル
ポジション価額=12000*1/6000=2BTC
資金調達率=2*0.01%=0.0002BTC

●BTC=7000ドル
ポジション価額=12000*1/7000=1.714BTC
資金調達率=1.714*0.01%=0.0001714BTC

増やしたい通貨によって使い分ける

8つの取引所を挙げましたが一つの取引所で全てに対応するのは難しそうです。

過去の履歴を参考にするとBTCを担保にしてBTCを増やすならBITMEX、ETHを担保にETHを増やすならKraken、USDTを増やしたいならFTXかBinance JEXのどちらか(期限付き先物もあるFTXの方が便利)かなと思います。

レバ1倍ショート戦略なら現物取引のウォレットに即時移動できるOKEXが一番便利なんですが、あまり資金調達率が高くないのでBITMEXかKrakenになってきます。出来高が高く安心なのはBITMEXですが、出金スピードでいうとKrakenに軍配が上がります。

また、BINANCEのステーキングとFTXのアルトコインショートでステーキング報酬と資金調達率を稼ぐという方法もあります。

まだまだ研究の余地がありそうです。(特にBITMEXのETHUSD)

コメント