BlockFiから出金する方法とセキュリティ向上のためのホワイトアドレスリストの設定と登録

仮想通貨
バカルダー
バカルダー

どうもバカルダーです。今回はBTC等をレンディングできるBlockFiからの出金方法とセキュリティ向上のためのホワイトリスト登録方法、注意点を紹介します。

BlockFiへの登録、入金、リスク等は以下の記事へどうぞ。↓

BlockFiからの出金方法

まず、基本的な引き出し方法を紹介します。BlockFiはレンディング資産の資金拘束は無く、いつでも出金を申請できます。出金するにはログイン後のメニューの「Withdraw」から出金したい通貨を選択して必要な情報を入力していきます。

以下の画像のような画面が開きますので、「出金したい通貨」「出金したい量」「出金先」を選択して「Withdraw」をクリックして確認画面を経由して認証コード入力へ進みます。

BlockFi出金申請

赤い四角で囲った出金先については、後述する「ホワイトリスト設定」がONの場合は選択形式になります。OFFの場合は直接引き出し先アドレスを入力します。

次に、認証コードを入力して出金申請が完了です。

BlockFi出金申請の認証コード
認証コードはメールで送られてくる

注意点として、認証コードはメールアドレスに送られてきます。2FAアプリの認証コードではないので間違えないようにしてください。

出金申請完了メールを確認

以上の手順で出金申請が完了すると「BlockFi | Withdrawal Request Received」という件名でメールが送られてきます。出金数量と出金先アドレスを確認してください。出金が完了すると「BlockFi | Withdrawal Request Completed」という件名のメールが届きます。

引き出しをキャンセルしたい場合

身に覚えの無い出金申請や出金をキャンセルしたい場合は、メールにあるCustomer IDを添えてサポートに連絡しましょう。BlockFiは即時出金では無く、1営業日時間を置くのですぐに対応すれば間に合うはずです。

引き出し申請から完了までに掛かる時間は?実際に出金してみた

実際にBlockFiからETHを出金してみたので記録を紹介します。

BlockFiからETHを出金してみた時の記録

以下の表が出金時の各種記録です。出金手数料は各通貨ごとに毎月1回まで無料です。BlockFiはニュージャージー州にオフィスがあるのでESTが現地時刻です。

出金データ
出金申請日時2019年9月23日19時(月曜日)
EST(現地):9月23日06時
出金完了日時2019年9月25日02時(水曜日)
EST(現地):9月24日13時
出金完了までの時間31時間
出金数量4ETH
出金手数料0ETH

今回のETHを出金した場合ですが、日本時間月曜日の19時に出金申請が完了し、水曜日の午前2時に出金完了メールが届きました。なので時間にすると31時間です。大体1営業日か2営業日掛かる事を想定しておきましょう。

BlockFiの出金規約では最大で7日掛かる場合もあるようです。注意点として「営業日」と書かれているので、恐らく土曜日に出金申請した場合は月曜日まで待つ必要があります。

BlockFi出金利用規約
BlockFiの出金利用規約の日本語翻訳

出金手数料について

BlockFiの出金手数料は各通貨毎月1回まで無料です。以下は2回目以降の出金手数料リストです。BTCだけ結構高いので注意が必要です。変動する場合がありますのでこちらのページで最新の状況をチェックしてください。

通貨手数料
BTC0.0025BTC
ETH0.0015ETH
LTC0.0025LTC
ステーブル0.25USD

最低出金額については0.051BTC、0.032 ETH、0.51USDC/GUSDです。

出金に関してはセキュリティ向上のためにホワイトリスト設定とホワイトアドレスを予め登録しておく事をお勧めします。

ホワイトリスト設定とアドレス登録、注意点

BlockFiに登録したら、まずアカウントのセキュリティ向上のために「ホワイトリスト設定」をonにして自分の引き出し用アドレスを登録しておく事をお勧めします。

ホワイトリスト設定とは

ホワイトリスト設定をonにすると、あらかじめ自分で登録したアドレス以外には出金出来なくなります。この設定をonにしておくことで万が一他者によってアカウントに侵入されても自分の資金を守る事ができます。

注意点:ホワイトリストのON,OFF切り替えで72時間出金停止

注意点としてホワイトリスト設定をONからOFF、OFFからONに切り替えた場合、72時間出金が停止されます。出金停止は全ての通貨に影響します。

注意点:ホワイトリストへアドレスを新規登録した場合は72時間出金停止

また、ホワイトリストへ新しく出金用アドレスを登録した場合もそのアドレスには72時間の間出金ができなくなります。既に登録されているアドレスには72時間の制限はありません。

2種類の72時間の待機時間の仕組みのお陰で、他者にアカウントに侵入されて「ホワイトリスト設定をOFFにされて即時出金されるリスク」、「ホワイトリストに新規アドレスを登録されてしまい即時に引き出されてしまうリスク」を軽減できるようになっています。

ホワイトリスト設定をON、OFFに切り替える手順

まず、ログイン後のダッシュボードで「Profile Setteing」のページから「Security」の項目を選択して下にスクロールします。

BlockFi出金のためのホワイトリスト

下にスクロールすると「 WHITELISTED ADDRESSES 」の項目がありますので、下の画像の赤い四角の部分をクリックしてONとOFFの設定を変更します。

BlockFi出金のためのホワイトリスト設定
この画像はONの状態です。「DISABLE WHITELISTING」をクリックするとOFFに変更できます。

初期状態の場合(OFFの状態)は「ENABLE WHITELISTING 」と表示されており、その部分をクリックすることでONに設定できます。

ホワイトリストにアドレスを登録する手順

ホワイトリストに出金用アドレスを登録する方法は、ログイン後のダッシュボードで「Profile Setteing」のページから「Wallet Addresses」の項目を選択して「+NEW ADDRESS」をクリックします。

BlockFi出金のためのホワイトリストアドレスの登録
EDIT,DELETEで登録済みアドレスの編集、削除が可能

すると以下のような画像が出てきますのでNAMEには好きな名前を入れて、通貨を選択し、アドレスを入力後にSAVEをクリックします。

BlockFi出金のためのホワイトリストアドレスの登録画面

次に認証コードを入力します。

BlockFi出金のためのホワイトリストアドレスの登録認証コード
2FAアプリの認証コードではなくメールで送られてくる

注意点として、ここでも認証コードはメールアドレスに送られてきます。2FAアプリの認証コードではないので間違えないようにしてください。

ホワイトアドレスの登録が完了すると「BlockFi | A crypto address was added to your account」という件名のメールが送られてきますので確認してください。

アドレス新規登録後の待機時間の確認

「Profile Setteing」のページから「Wallet Addresses」を選択すると登録済みアドレス一覧が表示されます。そこに「待機時間がいつまでか」が表示されます。

BlockFi出金のためのホワイトリストアドレスの待機時間

BlockFiの出金についてのまとめ

BlockFiの出金についてまとめると

  • 出金完了までに1営業日ぐらい掛かる
  • 出金手数料は毎月1回まで無料
  • セキュリティのためにホワイトリスト設定をしよう
  • ホワイトリストの72時間ルールに注意!
  • 出金関連の認証コードはメールに送信される

といったところです。より高額な出金に関しては詳細な本人確認が手動でされるようですので、もし経験のある方がいましたらコメント頂けると助かります。

合わせて読みたい。

コメント