Nexoでレンディング(年利8%)と借入してみた/方法解説と金利アップ検証

Nexoでレンディングと借入する方法レンディング

この記事ではNEXOへ入金しレンディング、借入、出金まで全て経験した私がNEXOの利用方法を紹介しています。また借入を併用して金利をアップできるか?の検証もしています(結論を言うと出来ませんでした)。

Nexoについての基本情報と安全性、リスク、独自トークンについては以下の記事をどうぞ。

公式サイト
Nexo - Banking on Crypto
The Leading Regulated Financial Institution for Digital Assets

Nexoで実際にレンディングしてみた。いつ利息が貰える?

まず、Nexoでレンディングした時のデータを載せておきます。800ドル入金して毎日約0.17ドルの利息が受け取れています。利息は初日以外は午前1時ごろ貰えています(日本時間だと午前9時頃)。

Nexoでレンディングしてみた時の利息データ
Nexoは複利なので毎日少しづつ利息が増えていきます。画像タップで拡大できます。

ではここから、Nexoへの登録からレンディングを始めるまでの手順や注意点を解説していきます。

Nexoでレンディングするまでの手順

おさらいですがレンディング金利や手数料等は以下のようになっています。

金利
貸出金利4~10%
最低貸出量1ドル
複利有り(日毎)
借入金利5.9~11.9%
最低借入額500ドル
借入可能通貨USDT、法定通貨(45種)
出金手数料無し
その他手数料無し

現在、Nexoで金利が貰えるのは以下の通貨です。入金額の10%以上のNEXOを保有すると金利が25%アップします。

レンディング金利
BTC、ETH4(5)%
XRP、BCH、LTC
EOS、XLM
4(5)%
ステーブル、EURO、GBP8(10)%
BNB、PAXGsoon
ステーブル=USDT、TUSD、USDC、DAI、PAX

Nexoへの登録からログイン

こちらのリンクからNexoのページに行き、「CREATE ACCOUNT」もしくは「新規アカウント」のボタンを押します。その後、スマホの場合は「or Continue to Website 」を押して進みます(画像⓵)。

すると以下のような画面(画像②)が出てきますのでメールアドレスとパスワードを入力して、「クリックして検証」をクリックして簡単なパズルを解いて「サインアップ」を押します。

その後、認証メールが届きますので、メール内のリンクを開いてメール認証を完了してログインします。(※迷惑メールボックスも確認してください)

2段階認証の設定

Nexoは入金前に必ず2段階認証の設定をする必要があります。右上の人型メニューボタンから「セキュリティ」を選択して「2段階認証」の項目の「有効」を押して2段階認証の設定を完了させます。

スマホの紛失や故障に備えて赤枠の2段階認証のキーは必ず保存しておいて下さい。2段階認証用アプリは以下のリンクからダウンロードできます。

必要ならKYC(本人認証)を設定

Nexoでは認証レベル別に1日当たりの出金限度額が違います。詳細認証を受けるとNexoトークン保有への配当を貰えたり、ヨーロッパではNexoカードが使えるようになります。

認証レベル最大出金量/日銀行口座への送金
無し$20,000$0
基本認証$100,000$0
詳細認証限度無し$200,000

大口の方や配当が欲しい方は認証しておきましょう。私は全然大口じゃないですが、詳細認証までやりました。

追記:テレグラムで問い合わせたところ、アカウント内の説明が古く、現在では出金に「基本認証」が必須となっています。

基本認証と詳細認証

基本認証は右上メニューの「マイプロフィール」から行えます。以下の画像を参考に各項目を全て英数字で入力してください。

Nexoの基本認証申請画面
東京都足立区の場合の例

詳細認証は基本認証が完了した後にパスポートの画像をアップロードして完了します。※日本語の書類でも「support@nexo.io」に問い合わせれば現在は認証可能です。

Nexoに入金してレンディング開始

最後に入金してレンディング開始です。現在はステーブルコインのみ利息が付きます。

「Stablecoins」の欄の「トップアップ」をクリックして入金したい通貨を選択して表示されるアドレス宛に送金します。ERC20は50ブロック承認で反映されます。

入金時の注意点2つ

入金時に以下の2点に注意して下さい。

  • ステーブルコインは全てERC20トークンだが、通貨ごとにアドレスが違うので間違えないように
  • 2月3日以降SAIはDAIに切り替わるのでSAIの入金には注意。

Nexoからの入金完了メールが届いてレンディングスタート

Nexoへの入金が完了すると以下のような「Nexoアカウントで受け取る資金」という件名のメールが届き、レンディングがスタートします。

翌日の朝9時頃受け取った利息がアカウントで確認できます。

Nexoから出金する手順

Nexoのアカウントから出金する時は出金したい通貨の「引き出し」を押して進みます。

Nexoから出金する
Stablecoinsの欄の「引き出し」から出金

次に出金したい「ステーブルコインの種類」「受け取りアドレス」「出金数量」「2段階認証コード」を入力して「引き出し」を押します。

ここまで完了すると「[あなたのIPアドレス]の引き出しリクエスト確認」という件名で確認メールが届くのでメール文中の「引き出しを確認ボタン」を押して申請完了です。

Nexoのちょっとだけお得情報:利息は他の通貨で引き出せる

ほんの少しだけお得な情報ですが、Nexoレンディングは「利息のみ」他のステーブルコインで出金できます。

Nexoのステーブルコイン出金
「利息分のみ」他のステーブルコインで出金可能

例えば、「USDC」の価値が低い時に「DAI」で出金して、「DAI⇒USDC」に両替して再びレンディングするという裏技も使えます。

出金申請から出金完了までの時間はどのくらい?

以前出金したときのデータを掲載します。2020年1月3日に出金申請が完了してすぐに出金したトランザクションIDが確認できました。(UTCの01時は日本時間10時)

Nexoから出金したときのデータ

よほど大きな金額でない場合ほとんど数分以内に出金されますのでアドレス間違いに注意してください。

レンディング開始から出金までは以上です。

しかし、ここで終わらないのがバカルダーですw。借入とレンディングを併用して金利をアップさせる方法を検証します。まずは、基本的な借入方法と年利5.9%で借りる方法を検証します。

Nexoでのローン借入方法と注意点

Nexoで借り入れを行うには以下の3つの手順で完了します。

  1. 借入を行う場合は「クレジットラインから資金を引き出す」を押して進みます。
  2. 受け取り方法をUSDTか銀行振り込みか選択して、「借りたい金額」「出金先アドレス」「担保の資金源」「2段階認証コード」を入力して引き出しボタンを押します。
  3. 確認画面等は無く数分で出金完了します。

※USDTで借りる場合はすぐに出金されるのでアドレス間違いに注意!USDTはERC20のアドレスです。

初期LTV

新規で借り入れを行う時の最大LTVは以下のように通貨ごとに異なります。

BTC,ETHXRPLTCNEXO
50%40%30%15%
BNB,BCHEOSXLMステーブル
30%17%17%90%

マージンコールと清算

マージンコールはLTVが71.4%、76,9%、80%に到達した時に行われます。その通知を無視して借入資金の返済や担保の追加が無くLTV83.3%に到達すると担保が少しずつ市場で清算され返済に充てられます。

どのくらいのペースで清算が行われるかはこちらのNexoのFAQページをご覧ください。

重要な注意点:借入をして30日以内に全額返却すると30日分の金利を請求されるので注意が必要です。

NEXOローンを年利5.9%で利用する方法

年利5.9%で借りる方法は「How can I get a discount on the interest rate?」に記載があります。2020年2月10日以降の仕組みを要約しますと。

  • 借入金額への1年分の利息(11.9%)と同価値以上のNEXOを保有する
  • ローンの返却はどの通貨でも可能
  • 2年間借りる場合は必要なNEXOも2倍必要(サポートに確認)
例:500USDTを借りた場合の必要なNEXOは?

必要なNEXO量:500*0.119=59.5ドル分以上のNEXO

※NEXOの価値が半分の30ドル付近になった場合は、11.9/2+5.9/2=8.9%となる。

検証:Nexoトークンを使って年利5.9%で借りてみる

NEXOトークンを使って年利5.9%で借り入れを行う方法を検証してみます。

NEXOトークンを買う時は、changelly、Bitrue、BINANCE DEX、UniSwap、1inch.exchange等からレートを比較して買うとお得です。中央集権ならBitrue、DEXなら1inch.exchangeが比較的良いレートです。

NEXOトークンを使った金利の変化
  • 1日目
    500USDTを借りる
    Nexoで借りてそのままレンディング
    500USDT借りる

    合計1209ドル分を担保に500USDTを借りました。

    nexoで借りた場合の清算ライン
    清算ラインの確認

    清算ラインは600ドルになっています。NEXOトークンはまだ0です。

  • 2日目
    0.17ドルの金利発生(年利11.9%)を確認
    Nexoの支払い金利発生
    拡大できます。

    NEXOが0なので通常の金利が発生。

  • 3日目
    70ドル分のNEXOを入金。0.08ドルの金利発生

    年利分(59.5ドル)以上のNEXOを入金。その結果、0.08ドルの金利が発生。

    Nexoの金利割引
    支払金利は0.08ドルに減少

    年利分以上のNEXOを入金したので支払金利が約半分になりました。

無事、年利5.9%でNexoから借り入れを行う事ができました。

レンディングと借入の金利差を活用して金利アップはできるのか?

NexoではNEXOトークンを活用して年利5.9%で借り入れて、年利8%でレンディングできます。この2.1%の差を利用して金利をアップさせることはできるのでしょうか?

もし可能なら、レバレッジを掛けてレンディングして年利9%や10%も実現可能です。

レンディング金利アップの理想像

1000ドルを担保に500ドルを借りてそのままレンディング。⇒1500ドルに対して年利8%を受け取り、500ドルに対して年利5.9%を支払う。

レンディング借り入れ運用年利
1000ドル01000ドル8%
1000ドル500ドル1500ドル9.05%

しかし、その野望は早々に打ち砕かれますw

ステーブルコインを担保にしたローンの注意点

Nexoの「How to take a loan?」というページに以下の記述がありました。

stablecoinsに対してローンを取りたい場合は、担保として他の暗号資産(BTC、ETHなど)を使用して、ローンの少なくとも50%をカバーする必要があることに注意してください。これは、アンチマネーロンダリング標準に準拠するために必要です。

https://support.nexo.io/hc/en-us/articles/360008238453-How-to-take-a-loan-

要するにステーブルコイン100%を担保に借入をすることは出来ず、50%以上は仮想通貨を担保にしなさいという事です。NEXOとステーブルコイン以外の仮想通貨は利息を産みませんので残念ながら金利アビトラで利率アップはできませんでした。

しかし、BTCやETHのレンディングが始まれば可能かもしれません。

Nexoでは上手くいきませんでしたが、「安く借りて、高く貸し出す」という考え方は、他のプラットフォーム(分散型レンディング等)で利用できる可能性があるので覚えておきましょう。

まとめ:レンディングはシンプルで簡単

Nexoでレンディング・借入する方法は以上です。レンディングはウォレットに入金するだけで毎日決まった時間に複利で貰えるし出金も速いのでシンプルで使いやすいですね。

しかし、借入の方は30日以内の全額返済で余分に請求されたり、ステーブルコイン担保の借入や年利5.9%での借入にいろいろ条件があって注意が必要です。

利用される際はご自身でもFAQ等を確認するようにしてください。

Nexo - Banking on Crypto
The Leading Regulated Financial Institution for Digital Assets

コメント