[Dapps]Nuo NetworkでETHをレンディングしてみたのでやり方を紹介

nuonetworkのレンディング方法 仮想通貨

どうもバカルダーです。今回はNuo NetworkというプラットフォームでETHをレンディングしてみたので紹介します。

The Future of Debt Markets
Earn daily interest on Ether or get instant crypto backed loans

Nuo networkのとは?特徴は

Nuo networkはETHベースの分散型の貸出・借入・マージントレードプラットフォームです。ドルにペッグされたDAIがあるので通貨の価格下落リスクもカバーできます。

  • レンディング・借入・対応通貨のマージントレード(FX)ができる
  • 対応通貨は現在ETH・DAI・MKR・WBTC・ZRX・REP・BAT・KNC・USDC
  • 全てスマートコントラクトによってプログラムで資金が移動
  • 1度アカウントに入金したらGAS(手数料)が要らない
  • 貸出・借入はいつでもキャンセルできる

WBTCはイーサリアム上でBTCを扱うためのBTCにペッグされた通貨です。

Nuo Networkは以下の記事でまとめた中で「分散型」「流動性プール」のプラットフォームです。

調べてみると、2018年にはnuocoinというものがアンドロイドアプリダウンロードでエアドロップされていたようですが、今はアプリは無いみたいです。

nuocoinについても利用するのに今は必要ありませんが、将来的に何か使い道が出てくるのかもしれません。

日本語ツイッターもあるのですが、中の人は日本人じゃないので問い合わせは英語が良さそうです。

メタトランザクションで秘密鍵を預けずGAS要らず

nuo networkにはメタトランザクションという技術が使われており、秘密鍵をサーバーに預けていません。なので、coinlendの記事celsiusの記事で紹介したような取引所リスクはありません。

また、送金を肩代わりさせる仕組みでGASも発生しません。

メタトランザクションの参考

Ether のエンドユーザー問題と解決方法 - Qiita
# はじめに Ethereum で DApps を作っている時に気になっていた Gas を誰が払うの問題についての考察と対策の実装のメモ # エンドユーザー問題 [GMO の Z cloud Blockchain Service...

ちなみに類似サービスのCompoundでは外部のウォレットと直接接続するので貸出を行うたびにGASが発生します。

Compoundについては、Compoundでレンディングする方法と複利での年利自動計算フォームをご覧ください。

貸出・借入の期限前にいつでもキャンセルできる

Bitfinexのレンディングでは最低でも2日間は資金が拘束されます。また、期限前のキャンセルも借入側に主導権が有ります。

Nuo networkではどちら側の立場でも契約期限が来る前にサイト上でいつでもキャンセル可能です。

Nuo networkのリスク

パスワードの紛失

Nuo networkは通常の取引所と違いますのでパスワードを紛失してログインできなくなってしまうと回復の手段が有りません。

なのでアカウント情報は無くさないようにしてください。あらかじめMetamaskと接続しておくことでMetamaskでログインすることも可能です。

サーバーダウン

Nuo networkはアカウントを登録すると、サイト上にコントラクトアカウントが作成され、そこに対応通貨を入金することで利用します。

WEBサイトがダウンした場合でもスマートコントラクトによって利息の計算や支払いは行われますが、「貸出中の資金のキャンセル」「プールしてある資金の引き出し」が出来るのかは微妙な所です。

借り手による債務不履行時の元本割れ

借り手は借りる金額の1.5倍以上を担保として預けますが、債務不履行時に担保通貨が暴落していた場合に元本が割れる場合があると思います。

ただし、nuo networkは1対1の貸し借りではなく、各々がレンディングした資金を準備金としてプールしてその中から貸し出しを行うので1部が期限までに返却しなくてもそこまで大きな影響は無いと思っています。

Nuo networkのレンディング利率は?

レンディング利率は固定ではなく、借入・貸出需要によって変動しています。

現在の金利はETH、DAI、WBTCが年利3%前後、それ以外は2%代以下となっています。

BitfinexのUSDレンディングやコインチェックなどの利率より低いですが、取引所リスクとのトレードオフですね。とはいえ銀行よりは良い利率です。

nuo-networkの年利

まだオープンして間もないのと、マージントレードも最近始まったばかりですのでこれからの上昇に期待したいです。

利息の計算方法

利息の計算方法は、支払われた利息×貸出全体(Reserves)に対する自分が貸し出した金額(My Reserves )の割合という計算方式のようです。

例えば全体の貸出金が1000DAIで自分が貸し出した金額が100DAIの場合、全体に対して10%の割合ということになります。

年利が3%の場合、1年間で全体に30DAIの利息が付くのでそのうちの10%の3DAIが実際に自分が貰える利息となります。

Nuo Networkは基本単利だが複利運用も可能

レンディングしてみてしばらく経ったのですが、どうやら単利のようです。

nuo-network複利

元本の部分は日にちが経っても同じ数字ですが、GAINSとPROFITの部分が増えていきます。

複利にしたい場合は、利息が付いたらキャンセル→再び貸出という流れで配当再投資できます。

登録してレンディングするまでの流れ

では実際に登録からレンディング完了までを説明します。

  1. Nuo networkに登録する
  2. アカウントに入金
  3. レンディングする通貨を選択して期限を設定
  4. レンディング状況を確認

Nuo networkに登録する

まずは、Nuo networkのサイトにアクセスして、右上の「Signup」をクリックして、アドレスとパスワードを入力して登録します。

認証メールが届くのでメール内のURLをクリックして完了です。

登録が完了するとコントラクトアカウントが作成されます。

nuo-networkに登録

アカウントに入金

ログインして、右上の「BALANCE」をクリックします。

すると残高のウィンドウがポップアップしますので「DEPOSIT」タブを選択して表示されるアドレスにレンディングしたい通貨を入金します。どの通貨も共通アドレスです。

アカウント登録してから6時間以内に入金しないと、コントラクトアカウントが失効してしまうようですが、また作り直すこともできるみたいです。

nuo-networkに入金

私の場合ですが、登録してすぐの状態のときは[DEPOSIT]タブにアドレスが表示されませんでした。なので同じようにアドレスが表示されない時はしばらく待ってみてください。

レンディングする通貨を選択して期限を設定

nuo networkレンディング
①LENDを選択

入金が完了したら右下の[LEND/BORROW]のLENDを選択します。

次に画像の②の部分で通貨を選択して、レンディングしたい量と期限を入力します。

期限は30/60/90/180が右上にありますが、画像のように30日以下でも大丈夫です。また期限前にいつでもキャンセルできます。

すべて入力したら「CREATE」をクリックして完了です。

レンディング状況を確認

次はレンディングできたかどうか確認します。「ACCOUNT」→「My Reserves」をクリック。

リザーブを確認する

すると以下のように作成したレンディング契約が一覧で表示されます。

リザーブ一覧

GAINS・・・得られた利息、0.00%以上あれば数値が表示されます。

TENURE (D)・・・契約日数と経過日数

STATUSが緑色なら問題ない

STATUSが緑なら契約が実行中で問題ありません。赤色は資金不足でのエラーだと思います。オレンジは何らかの理由で保留中の状態です。

私は最初の3日間オレンジで保留になっいましたので借入する人がいないのかと思っていたのですが、どうやら違ったらしく、問い合わせたら対応してくれて緑色になっていました。

もし同じように保留中のまま変化が無ければ、Reserveナンバーと共に問い合わせてみて下さい。

問い合わせはテレグラムよりツイッターの方が反応が早い気がします。

期限前にレンディングをキャンセルしてみた

レンディングを途中でキャンセルしたい場合は、「 My Reserves 」のページでキャンセルしたい契約をクリックして、右上の「STOP」ボタンをクリックします。

レンディングをキャンセル

ストップボタンをクリックすると確認とパスワード入力を求められますのでクリックして進みます。

しばらくすると、キャンセルが完了した通知が届き、残高に戻されました。

nuoキャンセル

Nuo networkのレンディングまとめ

レンディングに関しては以上です。

Nuo networkは利率はそこまで高くないですが、分散型なので中央集権的な取引所レンディングよりもリスクは少なめでいつでもキャンセルできるのが良い所だと思います。

その代わりパスワードの管理はしっかり行ってください。

借り入れやマージントレードについてはまた追記したいと思います。

おまけ:現在1%ボーナスキャンペーン中

2019年3月は500ドル or 5ETH相当以上の貸し出しで月利+1%ボーナスが受け取れるようです。ボーナスは4月1日に受け取れるようです。

⇒ボーナスの詳細はこちら

コメント