WIMAX2+かワイモバイルか格安SIMカードか!どれを選ぶ?

WIMAX2+かワイモバイルかSIMカード 比較

今から契約するならwimax2+かワイモバイルかSIMカードかどれを選ぶべき?

最新情報

3社の比較

自分のスタイルに合ったデータプランを選ぼう!

近年、スマートフォンの普及により皆さんがよく耳にすることになったと思います、「データ通信プラン」という言葉。

 

最近のスマートフォンはテザリング機能を備えているのが常識ともなり、固定回線を使わずとも簡単にどこでもインターネットを楽しめるようになりましたね。

 

また、固定回線と比べて料金が安いので、ポケットwifiやモバイルルーターも需要を増し、ますます使用者にとっては幅広い選択肢の中から自分のスタイルにあったデータ通信プランを選べる時代になりました。

 

どれが自分に向いているのか?どこが安いのか?

そこで!果たして一体どれが自分に向いているのか、どれが一番お得なのか、頭がこんがらがってよくわからなくなっていたりしませんか?

 

wimax2+?ワイモバイル?格安SIM?どれを契約するべきなのか、どれが自分にとって正解なのか、まとめてみますので参考にしてみて下さいね。

それぞれの大まかな比較

WiMAX2ワイモバイル格安SIM
料金の安さ
速度の安定
制限後の速度
エリア
契約年数2年3年自由
端末無料無料自己負担

まず、それぞれの大まかな比較をすると上の表のようになります。

 

具体的な料金やエリアに関しては、これから詳しく書いていきます。

 

具体的なそれぞれのエリア比較

どんなに最新の端末で速度の速いキャリアを使っていてもエリア外ではその力を発揮してくれません。

 

それぞれの対応エリアの特徴を比較して自分にあった会社を選んでください。

 

では、それぞれがカバーする対応エリアを比較してみます。

 

WiMAXは「WiMAX2、WiMAXエリア」と「au4GLTEエリア」、ワイモバイルは「4G/4GLTEエリア」、格安SIMは「ドコモXi/FOMAエリア」に対応しています。

 

地図上に何らかの色がついている部分が対応エリアです。

 

都心や人の多い場所での対応エリア

地図はクリックで拡大できます。

関東エリアの比較

関東エリアのwifi
画像のように、都心部ではエリアに違いはありません。強いて言うなら千葉県房総半島付近ではワイモバイルのエリアの広さが目立ちます。

 

関西エリアの比較

関西エリアのwifi
関西では意外にも淡路島、加西、三木付近でau4GLTEよりWiMAX2の方が広い事が分かります。

 

地方や山間部での対応エリア

青森・秋田県付近の比較

青森・秋田エリアのwifi
青森・秋田県付近のWiMAXではWiMAX2で足りないエリアをau4GLTEで補っている事が分かります。

 

WiMAX2とワイモバイル・格安SIMで比べると日本海側付近で違いがよく表れています。

 

鹿児島大隅半島付近の比較

鹿児島エリアのwifi
鹿児島エリアでもWiMAX2をau4GLTEが補うように対応しています。

 

WiMAX2とワイモバイル・格安SIMで比べると赤枠で囲った垂水方面や叶岳付近で違いが表れています。

 

それぞれの対応エリアの違いまとめ

3社それぞれのエリアの違いの特徴として、

  • 都会など人の多い地域ではどれを選んでもそこまで差が出ない。
  • 山間部・沿岸部などの地方ではワイモバイルやドコモの回線を使う格安SIMの方が有利になる

という事が分かったと思います。

 

その他の地域やより詳しく自分のエリアについて知るには各キャリアの対応エリアページを参照してください。

 

具体的なそれぞれの料金比較

では、WiMAXとワイモバイル、格安SIMの具体的な料金を比較してみましょう。

 

月間データ無制限のプランの場合

WiMAX2ワイモバイル格安SIM
月額¥3,609~¥2,856~¥2,200
2年間費用¥69,741¥87,984¥55,800
端末¥0¥0¥17,000
合計¥69,741¥87,984¥72,800

料金比較表について

それぞれの最安値プロバイダの料金を比較しています。(WiMAX2はGMOとくとくBB、ワイモバイルはブロードワイモバイル、格安SIMはDTI SIMの料金を比較。)

 

キャッシュバックや契約事務手数料全て含めて計算しています。

 

格安SIMの端末はAterm MR04LN PA-MR04LNの料金を基準にしています。

 

最安値はWiMAXか格安SIM

金額的にはWiMAX2ギガ放題プランが最安値になります。

 

端末を既に持っている場合や端末を14000円未満で購入できれば、格安SIMのDTIモバイルが最安値になります。

 

月間データ7GB制限プランの場合

WiMAX2ワイモバイル格安SIM
月額¥3,609¥2,020¥1,860
2年間費用¥56,007¥59,760¥47,640
端末¥0¥0¥17,000
合計¥56,007¥59,760¥64,640

料金比較表について

それぞれの最安値プロバイダの料金を比較しています。(WiMAX2はGMOとくとくBB、ワイモバイルはヤフーWi-Fi、格安SIMはDMMモバイルの料金を比較。)

 

キャッシュバックや契約事務手数料全て含めて計算しています。

 

格安SIMの端末はAterm MR04LN PA-MR04LNの料金を基準にしています。

 

最安値はWiMAX2

金額的にはWiMAX2ギガ放題プランが最安値になります。

 

端末を既に持っている場合や端末を9000円未満で購入できれば、格安SIMのDMMモバイルが最安値になります。

 

月間6GB以下でも問題無い方へ

月間のデータ容量が6GB以下でも問題ない方は格安SIMのその他のプランを比較したページをご覧ください。

 

料金比較まとめ

ここまで3つの通信方式の料金を比較してみました。

 

格安SIMも格安と名が付いてはいますが、端末を自分で購入することを考えるとそこまで安くない事が分かります。

 

もっと詳しいWiMAX2とワイモバイルの最安値プロバイダ比較については以下のページをどうぞ。

 

料金・エリアを踏まえたそれぞれの特徴

wimax2+の特徴とメリット・デメリット

メリット

  • 2年契約できる
  • 月間データ容量は7GBか無制限
  • 制限後の速度が速い
  • 料金が安い

デメリット

  • ワイモバイルや格安SIMよりエリアは狭い

2年契約できる

WiMAX2は契約期間は2年です。一方ワイモバイルは最低でも3年契約しないといけません。

 

契約期間が短いと自分のネット環境の変化に柔軟に対応できるというメリットがあります。

 

データ容量は7GBか無制限

wimaxの代名詞といえば「無制限」ですが、wimax2+もギガ放題プランを選択することによって無制限で使用できます。

 

そしてwimax2+に進化した事により、通信速度最大370mbpsと大幅に速くなりました。

 

以前は無制限ながら通信速度の遅さにより、大容量のデータ通信の際にはストレスを感じざるを得ませんでしたが、それを見事に改善したと言えるでしょう。

 

制限後の速度が速い

WiMAX2の速度制限の制度はギガ放題プランの場合は「3日間で3GB」、7GBプランの方では「月間7GBと3日間3GB」というルールになっています。

 

ただ、WiMAX2の場合は制限を受けた後でも最大6mbps程の速度が出せるので、動画の視聴もスムーズにできるように考えられています。

 

ワイモバイルや格安SIMと比べてエリアは狭い

問題は使用可能なエリアがワイモバイルより狭い点です。

 

ワイモバイルやSIMと同等のエリアにするためには、auのLTEのオプションを使用する必要があります。ただし、使用すると7GBの制限を受けてしまうのと月1000円のオプション料金が発生してしまいます。

 

料金が安い

また、ワイマックスはワイモバイルに比べ、キャッシュバックプランの豊富さや、クレードルが使えるというのもポイントです。wimax2+にはGMOやniftyなど様々なプロバイダがキャッシュバックを付けたり、クレードルを無料にしたりしています。

 

これらの中から、サービスの内容と料金を比較して選べるというのも大事な所です。→クレードルとは?

 

また、auスマホとのセットで通信料の割引きも受けられます。(ラクーポンwimax以外)

 

WiMAX2+を選ぶべき人

以上を踏まえて、WiMAXを選んだ方がいい人は

  • wimax2のエリア内に住んでいる人
  • 速度に関して不安やストレスを感じたくない人
  • 料金を安く抑えたい人
  • 容量を気にせず使いたい人

に向いていると言えるでしょう。⇒WIMAX2+最安値比較ページ

 

ワイモバイルの特徴とメリットデメリット

メリット

  • WiMAXよりエリアが広い
  • 月間データ容量は7GBか無制限

デメリット

  • 3年契約しかない
  • 制限後の速度が遅い
  • 無制限プランの料金が高い
  • WiMAXよりエリアが広い

 

3年契約しかない

ワイモバイルの場合は、最低利用期間が36ヶ月とWiMAXと比べて1年も長くなってしまいます。

 

契約期間が長いとネットを使わなくなったり、引っ越してエリア外になってしまった場合、余分に料金を払わないといけなくなったりする可能性もあります。

 

データ容量は7GBか無制限

月間のデータ容量はWiMAX2と同じく、7GBか無制限かを選べます。

 

ただし、無制限プランはWiMAX2より高い

ワイモバイルはキャッシュバックなどを行っているプロバイダが少なく、特に無制限プランはWiMAXと比べてかなり高額になってしまいます。

 

制限後の速度が遅い

ワイモバイルの現在の速度制限のルールはWiMAXとまったく同じです。ただし、制限後の速度に違いがあります。

 

ワイモバイルの場合は制限後128kbpsに落とされてしまいます。この速度では、通常のホームページを閲覧する事さえストレスが掛かるようになってしまいます。

 

WiMAXよりエリアは広い

ワイモバイルのポイントはエリアの広さにあります。ワイマックスではオプションになるLTE通信をオプション料金無しで利用できます。ワイマックスのエリアから外れている方はワイモバイルのLTE通信が大活躍するはずです。

 

ただし、ワイマックスの端末と違ってクレードルがどの端末も存在しないので、より幅広い使い方が出来るのはwimax2+の方になります。

 

ワイモバイルを選ぶべき人

以上を踏まえると、ワイモバイルを選ぶべき人は

  • WiMAXのエリア外だが無制限で使いたい人
  • 動画などの大容量のデータ通信をあまり利用しない人
  • 3年契約を我慢できる人

に向いているプランです。⇒ワイモバイル最安値比較ページ

 

格安SIMカードの特徴とメリット・デメリット

メリット

  • 最低利用期間が無い
  • 月間データ容量は1GB~無制限まである
  • WiMAXよりエリアが広い

デメリット

  • SIMフリールーターを準備する必要がある
  • 速度が不安定
  • 制限後の速度が遅い
  • 速度制限の基準が曖昧

これは「モバイルルーターに格安SIMカード(MVNO)を入れてwifiを使う」という意味ですね。格安と名の付くだけあって、料金だけを見ると一番安いです。

 

SIMフリールーターを準備する必要がある

格安SIMを使う場合は

  1. 「アマゾンなどでSIMフリールータを購入する」
  2. 「そのルータに合ったSIMカードを契約する」

という手順を踏んでいく必要があります。ルーターとSIMカードがそれぞれ対応するか口コミなどで事前に調べないといけないので、初心者の方だと少し手こずるかもしれません。

 

どのSIMフリールーターを選ぶかはデザインや個人の好みにもよりますが、WiMAXやワイモバイルの最新端末と同程度の物であれば、wifi最新規格acに対応しているAterm MR04LN PA-MR04LNという端末がおすすめです。価格は1.7万円程です。

 

最低利用期間が無い

多くのSIMカードのプランが最低利用期間を設定していません。なので、好きな時に解約できるというメリットがあります。

 

引っ越しや転勤の多い方には嬉しいメリットになります。ただ、通話などもSIMでしたい場合は最低利用期間が設定されている場合が多いです。

 

速度が不安定

格安SIMはまだWiMAXやワイモバイルほど整備が進んでいません。

 

なので、昼の時間帯や、18時以降の夜の時間帯などで急激に利用者が増えると速度も低下してしまいます。

 

月間データ容量は1GB~無制限まである

格安SIMは月間容量1GBから無制限まで幅広いプランから自分にあったものを選択できます。種類も様々ですが1GBまでなら680円程度で使用可能です。

 

一見ワイモバイルより安く思われがちですが、容量も少ないので、これだけで全ての通信を行うのは厳しいでしょう。

 

速度制限の基準が曖昧

ワイモバイルやWiMAXは3日間3GBという制限基準が設定されていますが、格安SIMの場合はどの会社も基準を明確にしていません。

 

3日で2GBだったり、1日1GBだったりと時期や時間帯によって制限の基準を通信会社の都合でころころ変えられてしまうデメリットがあります。

 

なので、無制限プランを選んでも実際には制限が掛かってしまう場合も多いです。

 

制限後の速度が遅い

格安SIMの制限後の速度は200kbpsとしている所がほとんどです。ワイモバイルよりも若干早いですが、体感的には変わりません。

 

例えばUモバイルの無制限プランを使っている人のツイートを見てみると




このようにどうしても格安SIMは「地域それぞれ」「人それぞれ」「時間帯それぞれ」で速度の安定感が異なり、実際に自分で使ってみないとどうなるか分からないという不安があります。

 

WiMAXよりエリアが広い

格安SIMはドコモのLTE回線を使用しているので、WiMAXよりも広いエリアに対応しています。

 

ワイモバイルと比べるとほぼ同じぐらいと言えます。

 

格安SIMを選ぶべき人

少なくとも、「ルーターの準備」「速度が不安定」「制限の基準が曖昧」「制限後の速度が遅い」という3つのデメリットを受け入れる方でないとおすすめできません。

 

「基本的にはスマホのテザリングを使用していて、制限がかかった場合などにその補助的な使い方をしたい」もしくは「使用していないSIMフリーの端末を安く運用したい」そんな人には最適な選択肢です。⇒格安SIMカード比較!安く速いMVNOはどこ?

 

WiMAX・ワイモバイル・格安SIMどれにする?あとがき

さてあなたにぴったりのプラン、見つかったでしょうか?

 

基本的にWiMAXエリアに住んでいるのであれば、料金や契約年数、手軽さから言ってWiMAXがおすすめですが、もっとシビアに多少リスクを取ってでも最安値を攻めたい方は、ルーターを出来るだけ安く準備し、必要なだけの格安SIMを選んでみると良いと思います。

 

疑問や不安な点は気軽に質問してください。

メールアドレスかツイッターアカウントどちらか入力して頂ければ、回答させて頂きます。

お名前 必須

(そのままでも可)

アドレスまたはツイッターアカウント

問い合わせ内容必須



※複数行入力可


【後悔しないために】やっておきましょう。

契約年数や利用目的・あなたのネット環境からWimax2+/ワイモバイルLTE/4G全てを比較し最適なプランが分かります。

ルーター最安値
希望データ容量は? 月7GB  月12GB  無制限 
合計費用で安く?
月額を安く?
キャッシュバックを使って一番安く契約したい
最安値では無いが月額をとにかく抑えたい
料金よりも「手続きの簡単さ」「安心感」を優先したい

不明な点や不安な点はありますか?