wifiルーター契約前に注意すべき5つの事

wifi モバイルルーター契約前

wifiモバイルルーター契約前に注意して確認しておきたい事とは?

最新情報

wifi契約

ワイマックスやワイモバイルでwifiモバイルルーターを契約しようと思っているか方へ

 

「こんなはずじゃなかったー!!!」

 

となってしまわないために、wifi契約する前に注意してチェック・確認しておきたいことを5つまとめました。

 

チェックするべき5つのポイント!

2年契約なのか?3年契約なのか?

現在WiFiルーターを提供しているキャリアは主にWiMAXとワイモバイルです。ドコモにもありますが、スマホとルーターをセットで契約する必要があります。

 

auの提供しているルーターはWiMAXが発売している物、ソフトバンクが提供しているポケットWiFiはワイモバイルが発売している物になります。

 

基本的にWiMAXとドコモでは2年契約、ワイモバイルでは3年契約になります。

ワイモバイルWiMAX2+ドコモ
3年2年2年

 

契約期間中に解約をしようとすると必ず違約金や解約金が掛かる仕組みになっています。

 

言うまでもなく、2年契約の方が小回りが利くというか、無駄な出費が抑えられる可能性は高くなりますが、これから先3年間は使うだろうという方は3年契約でもかまいません。

 

個人的にはやはり2年契約をおすすめします。

月額料金だけでなく合計費用はやすいか?

よくキャンペーンなどで、月額料金が安いプランがありますが、それは2年間ずっとそのままの料金で使えるのか?それとも途中から月額料金が上がってしまうのか?という部分も確認するようにしてください。

 

また、プランによってはキャッシュバックを受け取れる場合もあります。その場合、月額はそこまで安くないけど2年間の長い目で見ると実は一番安かったりする場合があります。

 

目先の月額料金だけで無く、長い目で見た合計費用もしっかりチェックしてください。

 

例えば無制限プランの月額と2年間の合計費用を比較すると

月額2年合計
GMOキャッシュバック¥3,609¥68,741
GMO鬼安¥2,760¥80,214
UQ公式¥3,696¥106,068
ワイモバイル¥3,696¥104,016

月額だけで見るとGMOの鬼安プランが安いと感じてしまいますが、長い目でみるとGMOキャッシュバックプランの方が安くなります。

 

このように、月額料金だけを見て判断してしまうと無駄な料金をはらってしまう場合があるので気を付けてください。

 

WiMAX2+のプロバイダやプランごとの最安値比較はこちらワイモバイルの最安値比較はこちらで確認できます。

速度制限はあるか?制限後の速度は?

無制限プラン7GBプラン
月間無制限7GB
3日間3GB3GB

速度制限について

WiMAX・ワイモバイルともに1ヵ月7GB制限のあるプランと無制限のプランがあります。共に、月ごとにどちらのプランにするか変更することができます。

 

また無制限プランでも3日間の通信量が3GBを超えると速度制限が掛かってしまいます。なので、制限後の速度がどのくらいかを確認する必要があります。

 

制限後の速度は?

ワイモバイルWiMAX2+ドコモ
128kbps6mbps128kbps
WiMAXは6mbps程度の制限で済む

WiMAX2+は速度制限後の速度について「標準画質の動画」がスムーズに観られる速度というのを基準にしています。

 

実際の速度制限後の速度を調べると6mbpsへ制限される程度で済みます。

 

6mbpsの速度が出せればネットサーフィンはもちろん、動画の再生も特にストレスなく行う事ができます。

 

制限後の速度がどのくらいかは以下の動画で確認してみてください。

 

ワイモバイルやドコモは128kbpsまで落ちる

しかし、ワイモバイルやドコモなどのWiFiルーターは一律で128kbpsまで制限されてしまいます。

 

この差はかなり大きく、128kbpsではネットサーフィンすらまともにできなくなってしまう速度です。128kbpsがどのくらい遅いかは以下の動画で確認できます。

 

制限後の速度を考えるとWiMAX2の方が安心です。

スマホとのセット割引は使えるか?

ルーターとスマホのセット割について

ワイモバイルWiMAX2+ドコモ
××

WiMAX2+はauスマートバリューが使える

WiFiルーターを契約すると、現在使っているスマホの料金を割引してくれるセット割引を使える場合があります。

 

現在では、WiMAX2+を契約すると、auのスマホの料金が最大月に934円割引になる制度があります。

 

ただし、WiMAX2+を提供するプロバイダによっては適用できない事があるので注意が必要です。

 

具体的にはラクーポンWiMAXとBroadWiMAXというプロバイダがauスマホ割を使えません。

 

ワイモバイルやドコモは無し

以前はワイモバイルのルーターもスマホ割がありましたが、現在は無くなっています。また、ドコモにもそのような制度はありません。

サービスエリアはカバーされているか?

あなたがWiFiルーターを使いたい仕事場や自宅などに電波が届くかどうかサービスエリアを確認しておいてください。

 

WiMAXのエリアが不安な方でもGMOとくとくBBから申し込むと到着後20日以内なら解約金無料で返品することもできますので、不安な方はぜひ活用してみてください。⇒GMOとくとくBBWiMAXについてはこちら

 

具体的なエリアについては以下の公式サイトで確認できます。

 

モバイルWiFiルーター契約まとめ

以上の5つが契約前に確認しておきたいポイントとなります。それほど難しいことではないと思いますので、確認してから契約をするようにしてくださいね。

 

個人的には、契約年数が3年で制限後の速度が遅くスマホとのセット割引の無いワイモバイルやドコモは正直おすすめできません。

 

ワイモバイルは3年契約だからといって安くしてくれるわけでもなく、ワイモバイルにしかないメリットが無いのです。

 

なので、必然的にWiMAX2+一択ではないでしょうか?WiMAX2+の最安値比較はこちら

 

何か不明な点や不安な部分がある場合はこちらから質問を受け付けていますのでお気軽にどうぞ('ω')


【後悔しないために】やっておきましょう。

契約年数や利用目的・あなたのネット環境からWimax2+/ワイモバイルLTE/4G全てを比較し最適なプランが分かります。

ルーター最安値
希望データ容量は? 月7GB  月12GB  無制限 
合計費用で安く?
月額を安く?
キャッシュバックを使って一番安く契約したい
最安値では無いが月額をとにかく抑えたい
料金よりも「手続きの簡単さ」「安心感」を優先したい

不明な点や不安な点はありますか?

wifiルーター契約前に注意すべき5つの事関連ページ

ワイモバイルの速度制限を回避する1つの方法
ワイモバイルのwifiで動画を見ると弱点となる速度制限。それを回避する方法を少尉します。
東京・大阪・名古屋・博多・仙台エリアのwifi通信状況の比較
ワイマックス(2+)とイーモバイルの東京・大阪・名古屋・博多・仙台周辺エリアごとのwifi通信状況の比較をしています。
クレードルとは?何に利用するの?
wimaxのwm3800rなどのモバイルルーターに使えるクレードルという機器とはどのような物で何に利用できるのか?
プリンタをwifi化して家のどこからでも印刷できる
モバイルwifiルーターを使えばwifiを共有して家のどこからでもプリンタで印刷することが出来ます。
ルーター契約の流れ
wifiモバイルルーターを契約するのにどんな流れがあるのでしょうか。
ポケットWiFiを比較するとWiMAX2一択になる3つの理由
ポケットWiFiを比較したらWiMAX2が最も最適だという結果になりました。その理由や比較したポイントを紹介。