プリンタをwifi化して家のどこからでも印刷できる

wifi モバイルルーター プリンタ

最新情報

wifiをプリンタとパソコン、スマホ、タブレットと共有化することで無線のまま、家のどこからでもプリンタで印刷することができます。
タブレット

 

スマホやタブレットをベッドで寝ながら使っているとき、印刷したいけどデスクトップのパソコンを起動するのは面倒だな~、歩きたくないな~という時にボタン一つで印刷できるようになります。ますます便利になり、ますます運動不足になりますね。笑(※当サイトはあなたのメタボ化の責任は負いかねます)

 

プリンタを無線化することで、電波が届く範囲なら家のどこに置いてもいいですし、USBを抜き差しする手間も掛かりません。今のご自分のプリンタがwifiに対応しているか説明書などで確認してみて下さい。プリンタを買い換える予定のある方は、wifi対応かどうかもチェックするポイントにしても良いかと思います。プリンタを買い換える予定もないし、今のプリンタはwifiに対応していない!という方でもまだ方法はあります。

 

プリンタとwifiを共有する方法

wifi対応のプリンタを使う。

プリンタがwifi対応ならば、電源以外のコード無しで、スマホやパソコンとwifiを共有して印刷をすることが出来ます。インクの残量確認やスキャナー機能も無線のまま使用することが出来ます。

 

wifi対応プリンタ

キャノン
MG6330 MG4230 iP7230

 

エプソン
EP-805A EP-905A PX-435A

 

ブラザー
MFC-J4510N DCP-J540N MFC-J960DN
など各社から続々と発表されています。

 

無線プリントサーバーを導入する。

少し聞き慣れないかも知れませんが、無線プリントサーバーやという機器があります。これがあれば、プリンタがwifiに対応していなくても、wifi電波を共有し、印刷を行うことができます。

 

無線プリントサーバーはプラネックスコミュニケーションズから出ているMZK-SP300N2などが代表的です。

 

詳しくは以下の図をご覧下さい。
タブレット

 

プリンタの無線、wifi化まとめ

このように、wifiを家にも導入することによって、プリンタの印刷機能までも遠隔操作が可能になります。これからプリンタを変えようと思っている方は是非wifi対応プリンタを検討してみてください。また、今使ってるプリンタを変えたくないのであれば、無線プリンタサーバーを導入することでも遠隔化が可能になります。

【後悔しないために】やっておきましょう。

契約年数や利用目的・あなたのネット環境からWimax2+/ワイモバイルLTE/4G全てを比較し最適なプランが分かります。

ルーター最安値
希望データ容量は? 月7GB  月12GB  無制限 
合計費用で安く?
月額を安く?
キャッシュバックを使って一番安く契約したい
最安値では無いが月額をとにかく抑えたい
料金よりも「手続きの簡単さ」「安心感」を優先したい

不明な点や不安な点はありますか?

プリンタをwifi化して家のどこからでも印刷できる関連ページ

ワイモバイルの速度制限を回避する1つの方法
ワイモバイルのwifiで動画を見ると弱点となる速度制限。それを回避する方法を少尉します。
東京・大阪・名古屋・博多・仙台エリアのwifi通信状況の比較
ワイマックス(2+)とイーモバイルの東京・大阪・名古屋・博多・仙台周辺エリアごとのwifi通信状況の比較をしています。
wifiルーター契約前に注意すべき5つの事
ワイマックス・イーモバイルのwifiモバイルルーターを契約する前に確認・チェックしておきたい5つの事
クレードルとは?何に利用するの?
wimaxのwm3800rなどのモバイルルーターに使えるクレードルという機器とはどのような物で何に利用できるのか?
ルーター契約の流れ
wifiモバイルルーターを契約するのにどんな流れがあるのでしょうか。
ポケットWiFiを比較するとWiMAX2一択になる3つの理由
ポケットWiFiを比較したらWiMAX2が最も最適だという結果になりました。その理由や比較したポイントを紹介。