私がmineoの格安SIMを比較して選んだ理由と口コミや評判

mineo 格安SIM 比較して選んだ理由

私がmineoの格安SIMを選んだ理由と実際の口コミや評判

最新情報

ついに、私も格安SIMデビューしました。ちなみにauからの乗り換えです。

 

正直かなり乗り遅れた感はありますが、その分MVNO各社の実情が分かってきた段階で比較できたのでそれはそれで良かったかなと思います。

 

格安SIMを比較してかなり悩みましたが、mineoを選びました。選んだ理由や決め手も紹介しますので参考にしてください。

 

何故、格安SIMに替えようと思ったのか?2つの理由

  • 使っていたiPhone5sの画面が割れてタッチに誤作動が起き始めた
  • 純粋に料金を比較したら格安SIMが断然安かった

使っていたiPhone5sの画面が割れてタッチに誤作動が起き始めた

ポケモンGOが流行り出して私もやっていたのですが、色々な場所にスマホを持っていく過程で何度も地面に落とした結果ついに画面が割れてしまい、タッチの誤作動も起き始め、修理しようか悩んでいました。

 

修理の相場と乗り換え費用を計算してみた

画面割れとタッチの修理の相場を調べてみると、およそ~1万5千円ぐらいでした。

 

この金額と、今契約しているauの違約金を比較してみた結果ほぼ同じぐらいの金額でしたので、格安SIMに変えてみようかなと思い、各MVNOを比較して検討し始めました。

 

auを解約してMNPする場合、契約更新月以外では9500円の違約金とMNP転出費用3000円掛かります。さらに新しい格安SIMの会社に契約事務手数料3000円を支払う必要があります。

 

なので、合計15,500円掛かる計算です。

 

auを解約しMNPする場合の費用
au違約金 MNP転出費用 MNP転入費用
9500円 3000円 3000円

 

という訳で、今のアイホン5Sを修理せず、auを解約してしまおうと考えたわけです。

 

純粋に料金を比較したら断然安かった

auで契約していたプランは「スーパーカケホ」と「データ定額1GB」というプランで月に6000~7000円を払っていました。

 

電話はほとんど掛けないし。家では固定回線のwifiを使っているので、かなり通信費を無駄にしています。

 

今のマイネオの料金(auプラン)データ通信1GB+090音声通話(デュアルタイプ)で月1410円+通話料です。

 

たとえ、auに違約金を払ってでも格安SIMに乗り換えたほうが合計費用でお得になることは明らかですね。

auの月々の料金 マイネオの月々の料金
7000円 1410円

 

何故、格安SIMの中でmineoを選んだのか?

格安SIMの会社は今では軽く10個を超えていますが、何故、その中でmineoを選んだのかを書いていきます。

 

私が格安SIMを選んだ時の条件

・通信が安定している
・通信が不安定な時、それを認め対策をアナウンスしている
・auのiPhoneをそのまま使える事

 

通信が安定している

格安SIMの通信の安定感はどうしても、地域それぞれ、時間帯それぞれ、人それぞれになってしまうため、実際に使ってみないと分からないというのが実情です。

 

しかし、その中でも、いろんなサイトで通信速度の実験が行われているのでたくさんサイトを周り、通信の安定感で以下の候補に絞りました。

  • Nifmo
  • IIJ
  • UQmobile
  • mineo

通信の安定感に関しては「完璧な正解」を求めるのは不可能なので、自分なりの線引きが必要になります。

 

端末や料金の安さで楽天モバイルも考えましたが、楽天は「1回線グループにユーザーを溜め込んでいき、そこが一杯になったら新しい回線を作り既存回線の増強を行わない」という方式ですので安さだけで選ぶのは辞めておこうとと考え、候補から外しました。

 

au系の回線が使えるmineoやUQmobileは利用者が比較的少なめなので若干有利かな?と思います。

 

通信が不安定な時、それを認め対策をアナウンスしている

通信が不安定な時に自らの非を認め対策をアナウンスしている会社は非常に少ないです。

 

上記の4つの中で、頻繁にユーザーとのコミュニケーションを図っているのがmineoとIIJです。mineoとIIJは回線が不安定な時はしっかりアナウンスされ、今後の対策も発表されるので長く付き合うには良いと考えました。

 

その他の格安SIMはどちらかというと業務的な運営方針を取っています。

 

auのiPhoneをそのまま使える事

auのアイホンをそのまま使えるのはUQmobileとmineoです。

 

UQモバイルは若干料金が高めなのと、3GBからしか容量が選べない事、auのアイホン5sの動作確認を行っていなかったので、結果的にmineoに決定しました。

 

mineoはauの5Sの動作確認が取れています。

 

料金以外でmineoにして良かったこと

フリータンクが便利すぎる!

mineoユーザーになるとフリータンクというシステムを使えます。

 

フリータンクとはマイネオユーザーが寄付したデータ容量を毎月21日以降に、最大1GB無料で引き出せる機能です。

 

月末にデータ通信料がオーバーしそうなときに便利です。

 

パケットギフトで余ったデータ容量を販売できる

余ったデータ容量は本来であれば、フリータンクに寄付するのが正しいとは思いますが、マイネオにはパケットギフトという自分の容量を知り合いにプレゼントできる機能があります。

 

その機能を使い自分のデータ通信容量をヤフオクやメルカリで販売することもできます。相場は大体1~1.5GBで300円程です。

 

@mineo.jpのメールアドレスが無料で貰える

他の格安SIMでは有料オプションになることが多いメールアドレスですが、マイネオはこのアドレスが無料で貰えます。

 

mineoにMNPしてみた感想、口コミ、評判

mineoにMNPしてみて通信速度や通話品質が気になるかと思いますので通信速度を計ってみました。

 

mineoの通信速度

平日19時ごろ測定しました。
マイネオの速度
ご覧の通り、この速度であれば問題ありません。お昼などの混雑時には遅くなりますが、どこのSIMを使っても遅くなることには変わりありません。

 

mineoの通話品質

通話に関してもauの時と特に変わった印象はありませんし、会話が途切れたことも今のところありません。

 

最後に:格安SIMに替えようか迷っている方へ

ドコモやソフトバンク、auから格安SIMに替えようか迷っている方もいると思いますが、私は「間違いなく変えて良かった」と断言できます。

 

速度・通話も同じように使え料金だけ大幅に安くなったわけですから。

 

別にマイネオを特別押しているわけではありません。実際UQモバイルの速度の安定感もかなり良いみたいですし、IIJもauの回線を取り扱い始めました。

 

料金の請求が来た時に格安SIMを使っている事を思い出すレベルです。

実際格安SIMに替えてみて今自分が格安SIMを使っていることを忘れてしまう程、auを使っていた時と大差ありません。

 

マイネオから料金の請求が来た時、その請求額をみて改めて安くなったなーと思い出すぐらいです。

 

参考にしてください。

【後悔しないために】やっておきましょう。

契約年数や利用目的・あなたのネット環境からWimax2+/ワイモバイルLTE/4G全てを比較し最適なプランが分かります。

ルーター最安値
希望データ容量は? 月7GB  月12GB  無制限 
合計費用で安く?
月額を安く?
キャッシュバックを使って一番安く契約したい
最安値では無いが月額をとにかく抑えたい
料金よりも「手続きの簡単さ」「安心感」を優先したい

不明な点や不安な点はありますか?

私がmineoの格安SIMを比較して選んだ理由と口コミや評判関連ページ

SIMカードの選び方。安く快適なネットのために
自分に合った格安SIMカードを選ぶには?料金を安く抑えつつ、快適なwifi生活をする為のポイントを紹介。