ネクストモバイルのポケットWiFiは安いのか?

ネクストモバイルのポケットWiFiは安いのか?

ネクストモバイルのポケットWiFiは安いのか?

最新情報

ネクストモバイル

ネクストモバイル(next mobile)というソフトバンクのポケットWiFiのプランをご存知でしょうか?

 

これは、ソフトバンクのポケットwifiを公式サイトや店舗から申し込むより安く契約できるプランです。契約できるルーターは501HWのみで最初から決まっています。

 

ソフトバンクから申し込んでも、ネクストモバイルから申し込んでも対応エリアや速度に全く違いはありません。

 

はたして、他のプランと比較して安いのでしょうか?

 

結論から言うと、単純な合計金額では安くないがバランスではかなり優秀

はじめに結論から言ってしまうと、単純な合計費用を比較すると月額の安いワイモバイルやヤフーの401HWプランやキャッシュバックが高いGMOWiMAXより高くなってしまいますが、それ以外の項目は非常に優秀です。

 

ネクストモバイルとワイモバイルとヤフーwifiとGMOWiMAXの料金・エリア・月間と3日容量・契約期間・強制加入オプションの有無の比較
※スマホの方はクリックで拡大できます

 

制限付きプランの中では1GBあたりのコスパ最強

また、ネクストモバイルは月間12GBまで使えるので1GBあたりのコスパを比較すると月間データ制限のあるプランの中では最強という事が分かりました。

 

1GBあたりの料金
ネクストワイモバイルGMO7GB
¥5,770¥8,931¥7,858

 

また、同時にスマホ契約でのキャッシュバックもあるのでさらに安くすることも可能です。

 

ネクストモバイル公式サイトはこちら:https://next-mobile.jp/

 

これから詳しく書いていきます。まずは、プランの詳細から見てみましょう。

ネクストモバイル12GB月額2760円プラン詳細

初期費用 月額 27か月目以降
3000円 2760円 3695円
データ通信 端末 契約期間
12GB 501HW 27ヶ月

※支払い方法を口座振替にした場合は月間10GBになります。

 

※通信量が月間7GBを超えても特に設定や手続きなどをせずに12GBまで使えます。

 

対応エリアについて

ネクストモバイルはソフトバンクのポケットwifiのプロバイダ(窓口)なので、ソフトバンクの対応エリアを確認する必要があります。⇒ソフトバンク501HWのエリア確認はこちら

 

501HWは4Gと4GLTEが使用でき、人口カバー率は99%となっています。
ソフトバンクの4GLTEエリア
出典:http://www.softbank.jp/mobile/iphone/network/

 

ソフトバンク公式から501HWを契約した場合とどう違う?

ソフトバンクの公式サイトや各地域の店舗からネクストモバイルと同じ端末501HWを申し込んだ場合と比較すると以下のようになります。

ネクストソフトバンク
月額¥2,760¥3,696
データ容量12GB7GB
契約期間27ヶ月25ヶ月
解約金¥29,500¥9,500+機種代残金
対応エリア同じ
最大速度同じ(187,5mbps)

繋がりやすさ・速度はソフトバンクと全く同じ

上のように、繋がりやすさや、速度はソフトバンクもネクストモバイルも同じで、料金と契約期間に違いがあります。

 

契約期間が2ヶ月長い分ソフトバンクより多くのデータ量をかなり安く契約できる事が分かります。

 

ソフトバンク公式の501HWの解約金のしくみ

ソフトバンク公式501HWの解約金に関しては、501HWの端末代42,000円を24回払いする契約になるので、以下のようになります。

期間端末代の残金解約金
0ヶ月¥42,000¥9,500
6ヵ月¥31,500¥9,500
12ヶ月¥21,000¥9,500
24ヶ月¥0¥9,500
25ヶ月¥0¥0

 

ネクストモバイルと端末の口コミ

ネクストモバイルのサポートに関してですが、私が速度制限に関する問い合わせを行ったところ、当日中に返事が来ました。

 

具体的には、金曜日の17時36分に問い合わせをして、19時30分ごろ返答が来ました。

 

楽天関連などのサポートが良くないプロバイダにはメールの返信に10日以上掛ける所もあるので、それに比べてネクストモバイルは、サポートに関して迅速で丁寧な対応が期待できると感じました。

 

ネクストモバイルは単なるプロバイダ(窓口)ですので、肝心のWiFiとしてしっかり機能するかどうかはソフトバンクの端末の口コミを参考にする必要があります。

 

ネクストモバイル自体の口コミや評判を知りたい?

このページに「ネクストモバイル 口コミ・評判」とキーワード検索して来られる方がいらっしゃいますが、先ほども書きました通り、ネクストモバイルは「ソフトバンクのポケットwifiの窓口」ですので、対応エリアや速度に関してはソフトバンクと全く同じです。

 

ネクストモバイルから申し込んだから「繋がりにくい」とか「速度が遅い」などの違いはありません。

 

ソフトバンクから申し込む場合との違いは「月間データ容量」「月額」「契約期間」の3点のみです。

 

ネクストモバイルのデメリットや注意点、解約方法などは後述しています。

 

端末501HWについて

ネクストモバイル501

  • 連続通信時間:約10時間
  • 連続待ち受け時間:850時間
  • 対応wifi規格:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
  • 最大速度:187.5mbps
  • 5秒で起動できるクイック起動

 

通信方式とその他機能について

501HWは2.5GHzの4G(AXGP)と呼ばれる通信方式と900MHz(プラチナバンド)/1.7GHz/2.1GHzの4GLTEを利用して通信を行います。

 

さらに複数の通信方式を同時に利用するキャリアアグリケーションの技術で、最大速度187.5mbpsとなっています。

 

プラチナバンドで屋内でも繋がりやすい

特に900MHzのプラチナバンドは屋内での遮断物に対して回り込んで電波を届ける性質があるので屋内でもスムーズな通信を期待できます。

 

また、WiFi規格IEEE 802.11acに対応しているので、他の電波に干渉されにくい5GHzも使用する事ができます。

 

テレビチューナー機能付き

さらに、501HWでスマホやタブレットなどでテレビが見られるチューナー機能が付いていますが、あくまでおまけ程度の機能として考えた方が良いでしょう。

 

501HWの口コミ

端末の口コミは「価格.com」にいくつか掲載されています。

 

その中で、実際のWiFiとしての機能するかどうかが一番気になるところですので、「受信感度」の項目をまとめました。

 

参考:価格.comレビューページ(http://review.kakaku.com/review/K0000815895/#tab

 

受信感度に関する口コミ

203Zに比べ、電波の掴みはさすがにしっかりしています。途中で切れるようなこともありません。移動中でも動画がストレスなく見られました。

 

混雑時間帯ではさすがに息継ぎするところがありましたが、203Zでは使用に堪えなかったものが、自宅でネットしているのとほぼ同じ感覚でつかえました。

 

恵比寿駅でですが…iphone6SPlus使用 アプリ:SPEED TEST

  • 203Z:下0.04Mbps 上2.57Mbps
  • 501HW:下24.64Mbps 上2.07Mbps

20時前後だったと思います。

通信障害があったのかもしれませんが、ディズニーランドのアトラクションの中の一部では使えなくなってしまいました。

 

しかし、山の中でもそれなりに高速通信ができたので概ね満足です。

仕事柄、地方の高速道路PA&SAでも使用していますが、今のところ電波状態も通信速度も不都合は無く快適です。

繋がりやすさや実際の速度に関しては概ね問題ないという口コミが多いようです。

 

その他に気になる口コミは「テレビ機能に関する口コミ」がありました。

テレビ機能に関しては電波の掴みは良くありません。電車移動の場合、車両中心付近では1セグでもブチブチ切れてしまいます。窓際であればたまに切れるくらいになります。フルセグに関しては電車移動では見られませんね。屋外で徒歩だと綺麗に見る事ができました。

 

やはり、テレビはあくまでおまけとして考えて置いたほうがよさそうですね。

 

ネクストモバイルでは501HWしか端末を選べませんが、口コミを見る限り、特に心配になるような点は見当たりません。

 

WiFiとしての速度や機能、サポートに関して安心しても良さそうです。

 

ネクストモバイルのメリット6つ

3日間の速度制限が無い

3日間の速度制限については公式サイトで案内がありませんでしたが、「ネクストモバイルは3日間や1日間の速度制限が無い」という噂があったので、実際に問い合わせてみました。

 

すると以下のような返答が返ってきました。

ネクストモバイルの3日間の速度制限に関する回答

この度は、お問合せ頂きありがとうございます。NEXT mobile新規お申込み窓口でございます。

 

頂いたご質問に回答させていただきます。

 

>1日間や3日間の通信制限は無いのですか?もしあるとすれば、どのくらいの容量でいつからいつまで制限が掛かるのか

 

こちらのプランは月に12GBの制限のみです。

 

ただ、将来的に回線が混雑する可能性がでてきますと、1日間や3日間の通信制限を設ける必要がでてくるかもしれませんので予めご了承ください。

このように「現在の段階では」3日間の速度制限は無いようですね。

 

契約年数が短い

ワイモバイルネクストモバイルWiMAX2+
37ヶ月27ヶ月25ヶ月

ワイモバイルやヤフーwifiのルーターを契約する場合、3年契約しか選べませんでしたが、ネクストモバイルは27ヶ月目に解約することが出来るようになっています。

 

ただし、WiMAX2+ではもともと2年契約なので、それと比較すると特別な事ではありません。

 

WiMAX2よりエリアが広い

ネクストモバイルの501HWは4G(2.5GHz)とソフトバンク4GLTE(900MHz/1.7GHz/2.1GHz)のネットワークが標準で使用できます。

 

しかし、WiMAX2は2.5Ghzのエリアのみを使用し、au4GLTE(800Mhz/2Ghz)を使用するにはオプション料金で月1000円支払う必要があります。

 

都会では違いがありませんが、地方や山間部ではWiMAX2より幅広く使う事ができます。⇒WiMAX2のエリア確認はこちら

 

ワイモバイルとはエリアは同じ

ちなみにワイモバイルの端末はソフトバンクのネットワークを使うのでエリアは互角です。

 

強制加入オプションや余計な手続きが不要

料金の安いGMOWiMAXやヤフーwifiには、最初だけ強制加入のオプションや会員登録が必須だったりします。

 

また、キャッシュバック手続きが必要で手続きを忘れるとキャッシュバックが貰えなくなってしまったりもします。

 

一方、ネクストモバイルは月額割引を受けるための強制オプションや余計な手続きは一切不要です。

 

データ通信制限が12GB

ヤフーWi-Fiやワイモバイル、ソフトバンク公式サイトから申し込むと通信制限有りプランは月間7GB制限がありますが、ネクストモバイルは12GBまで増量しています。

 

7GBを超えても端末側で設定したり、特別な手続きをしたりする必要はありません。

 

12GBで何がどのくらい出来る?

12GBで出来るネットの容量は以下のようになっています。

 

動画の高画質はユーチューブ720P、標準は360Pを基準にしています。アプリは標準的な1個50MBとして計算しています。クリックで画像拡大できます。

12GBで出来るネット通信の内容

参照:ソフトバンク:「7GBで出来る事」を元に作成

 

動画以外の項目に関しては十分すぎるほど充実しています。

 

動画の視聴に関しては、高画質でなければ、1日に2時間ドラマが見れるか見れないかぐらいですね。

 

なので、毎日2時間のドラマや映画を見たい方や、高画質でユーチューブやHuluなどの動画配信を使いたい方には厳しい容量です。

 

初月の月額が日割り計算

ネクストモバイルは申し込み初月の月額を端末発送日から日割り計算してくれます。

 

例えば15日に端末が発送された場合、初月の月額が約半額になるという事です。

 

WiMAX2では初月無料のプロバイダもありますが、ワイモバイルやYahoo!wifiではどのタイミングで申し込んでも月額が1か月分請求されるので、月末近くに申し込むと損します。

 

日割り計算してくれる事でどのタイミングで申し込んでも利用者に損の無いようになっています。

 

デメリット4つ

無制限プランが無い

501HWには月ごとに無制限プランに変更できるアドバンスモードが搭載されていません。なので、月に12GBを超えてしまうと通信制減を受ける事になります。

 

WiMAX2+の最新機種には月ごとに7GB制限プランか無制限プランかを選択できる機能があります。

 

12GBに増えてる分月額も少し高いがコスパは良い

ヤフーwifiGMOWiMAXネクスト
2020円3609円2760円
7GB7GB12GB
1GB:288円1GB:515円1GB:230円

データ通信制限が少し緩い分、ヤフーwifiの月額2020円と比べると少し高くなっています。

 

無制限ほどではないが7GBだと物足りない方に最適

ただし、1GB当たりに換算するとネクストモバイルは最も良いコスパになります。

 

なので、月間7GBだと不安だが無制限ほど必要ない方にとっては、これ以外に最適なプランは無いでしょう。おまけに3日間の制限がありません。

 

端末を返さないと4万円罰金がある

ネクストモバイルは端末をレンタルするという契約なので、契約終了後に端末を返さないと4万円の罰金のようなものを請求されてしまいます。

 

※ 解約後に端末未返却の場合は、別途 損害金 40,000 円(税抜)が必要です。(ネクストモバイル公式より引用)

 

いきなり請求される?

ただし、いきなり4万円を請求される事は無く、その前に必ず返却をアナウンスしてくれます。

 

端末の返送料が利用者負担

端末を返送する際の送料を負担しなければなりません。

 

具体的な送料はルーターの重量が150gなので、定形外郵便(追跡補償無)なら全国一律250円、レターパックライト(追跡あり)なら全国一律360円です。

 

違約金が高め

ネクストモバイルは端末到着月+26ヶ月以内の解約に29,500円掛かります。27か月目が違約金無料で、28か月目以降は9,500円です。

 

ワイモバイルやYahoo!Wi-Fiの場合は解約する時期によって10,080円~38,880円まで違約金に開きがあります。3年目以降は9500円です。詳しい違約金はこちらで確認できます。

 

WiMAX2のGMOの場合は25ヶ月以内の解約に24,800円でそれ以降は9500円です。なので、ネクストモバイルよりは安いです。

各社の違約金比較
ネクストワイモバイルWiMAX
¥29,500\10080~
\38880
¥24,800

 

他のルータープランとの比較

ワイモバイルやWiMAX2との料金比較

では、他のワイモバイルのルーターやWIMAX2のルーターのプランと比較してネクストモバイルは安いのか検証してみましょう。

 

ワイモバイルの最安値プランである「401HWプラン」や「ヤフーwifi」とWIMAX2の最安値プランである「GMOとくとくBBキャッシュバックプラン」の7GB制限プランと無制限プランの2年間の合計金額で比較しています。

 

キャッシュバックや初期費用全て計算に入れています。詳しくは、WiMAX2+の最安値は?ワイモバイルルーターの最安値は?をご覧ください。
ネクストモバイルとヤフーwifiとGMOWiMAXの比較
※スマホの方はクリックで拡大できます。

 

GMOキャッシュバックの2つのデメリット

キャッシュバック手続き

7GBでも無制限でも高額なキャッシュバックがあり、合計費用の安いGMOですが、キャッシュバックを受け取るための手続きが少し複雑です。

 

大まかな流れを書くと、

  • 1,契約の11か月後にGMO会員専用メールアドレスにキャッシュバックに関するメールが届く
  • 2,メールが届いてから1ヵ月以内に受け取り口座を記入し返信する
  • 3,契約12か月後の末日に振り込まれる

という流れです。受け取り口座の返信を忘れてしまうとキャッシュバックを受け取れなくなる可能性があるのです。

 

強制加入オプション

GMOは申し込む際に強制で2つのオプションに加入しなくてはなりません。

 

ただし、最初の2ヶ月は無料なので料金が請求される前に解約することが可能です。⇒GMOとくとくBBWiMAXのオプション解約を分かりやすく解説

 

ヤフーwifiのデメリット

月額2020円と安いヤフーwifiですが、割引を受けるために「ヤフープレミアム会員登録が必須」という条件があります。プレミアム会員の月額は462円で最初の半年は無料です。

 

会員費を入れて2年合計すると68,076円になるのでネクストモバイルとほぼ同じ料金になってしまいます。

 

また、契約期間の3年以内に退会すると月額が3696円に上がってしまうため退会できないような仕組みになっています。

 

ネクストモバイルは契約後の手続きは一切不要

ネクストモバイルは強制加入のオプションもありません。

 

また、キャッシュバックでは無く、月額で割引されるので契約後に不安になることがありません。

 

1GBあたりのコスパは?

上の比較ではそれぞれデータ量が違い比較しにくいので、1GBあたりのコスパを比較してみましょう。

 

求め方はそれぞれの合計金額をデータ量で割った数字です。無制限プランは月間30GBと仮定しています。

 

各社1GBあたりのコスパ比較表

ネクストワイモバイルGMO7GBGMO無制限
¥5,770¥8,931¥7,858¥2,291

さすがに無制限プランよりは高くなってしまいますが、制限のあるプランの中では最も良いコスパです。

 

GMOWIMAXやヤフーに合計の安さでは勝てないが「コスパ」と「シンプルさ」では勝ち

上の表のように、ワイマックス2の最安値であるGMOは高額キャッシュバックがあるので、単純な安さではやはりGMOWiMAXやヤフーより高くなってしまいます。

 

ただし、ネクストモバイルは契約後の手続きが不要でシンプルなのと、制限付きのプランの中で1GBあたりのコスパが最も優秀です。

 

ネクストモバイルは安いのかまとめ

各社の良いとこ取りなのがネクストモバイル

GMOWiMAXの欠点の「エリア」や「手続き関係」、ワイモバイル・ヤフーの欠点である「契約期間」を克服して、さらに容量を増やし、月額も割引し、3日間の制限も無いのがネクストモバイルです。

 

確かに、合計費用ではGMOには叶いませんが、料金以上に安心感があるのが特徴です。

 

詳細・申し込み

ネクストモバイル公式サイトへ
https://next-mobile.jp/

 

申込みや解約方法が不安な方は、詳しい申し込み方法はこちら解約方法はこちらもご覧ください。

 

ソフトバンクとどっちがおすすめ?

対応エリア、速度が全く同じで、月額が安く容量も多いネクストモバイルが間違いなくおすすめです。

ヤフーwifiとどっちがおすすめ?

「月7GBで足りる&3年契約でも良い&既にプレミアム会員」の3つの条件がそろっている方はヤフーwifiが最適です。

 

それ以外の方はネクストモバイルが最適です。

 

⇒ヤフーwifiプラン詳細

ワイモバイル401HWとどっちがおすすめ?

月間7GBだと不安な方や3年契約をしたくない方はネクストモバイルがおすすめです。

 

逆に、3年契約でもいい、月間7GBで足りるなら、ワイモバイルがおすすめです。ただし、3日間で3GBの制限はあります。

 

⇒ワイモバイル401HWプラン詳細

GMOキャッシュバックとどっちがおすすめ?

月額を安く抑えたい、キャッシュバック手続きやオプションの解約が面倒な方はネクストモバイルがおすすめです。

 

逆に、「キャッシュバックを使って最安値にしたい」方はGMOがおすすめです。

 

⇒GMOキャッシュバック詳細はこちら

また、ネクストモバイルのスマホセットプランでキャッシュバック33,120円を貰った場合は、さらにネクストモバイルの方が安くなります。

 

ルーターと一緒にソフトバンクのスマホに替えようと思っていた方にとっては最安値プランと言えるでしょう。


ネクストモバイルのキャッシュバックについて

ネクストモバイルでは同時にソフトバンクのスマホを新規・もしくはMNPで変更することによってキャッシュバックを受けることができます。

 

キャッシュバックに興味の無い方はネクストモバイルの詳しい申し込み手順とオプションについてへお進みください。

 

キャッシュバック金額は33,120円です。ただし、条件があります。

 

ソフトバンクスマホのデータ定額5GB以上のプランの契約が必須

ネクストモバイルからキャッシュバックを受けるには新たにソフトバンクのスマホを契約するだけでなく、データ定額5GB以上のプランを契約しなければなりません。

 

ソフトバンクのデータ定額5GBプランは月額5000円です。

 

なので、現在格安SIMや格安スマホを使っている方にとってはあまり意味のない特典かもしれません。

 

乗り換えた場合のスマホ月額料金

ソフトバンクでiphone6S 16GBをMNPで乗り換えた場合、月額はいくらになるかを調べてみました。

 

その他のプランやスマホの料金はソフトバンクお支払いシュミレーションで確認できます。

 

今使っているドコモやワイモバイルの料金と同じぐらいならキャッシュバックを貰って乗り換えるのもありです。MNPや新規でキャッシュバックを貰いたい方は、スマホセットを申し込む前に一度シュミレーションしておきましょう。

 

通話し放題プランの場合

通話し放題プランは国内通話が定額になるプランです。

  • 機種代24回払い:月3900円
  • 通話し放題プラン:2916円
  • S!ベーシックパック:324円
  • データ定額パック5GB:5400円
  • ウェルカム割引:-432円
  • 通信料割引:-3450円

合計月額:8,658円(税込)

 

通話し放題ライトプランの場合

こちらは国内通話5分まで定額のプランです。

  • 機種代24回払い:月3900円
  • 通話し放題ライトプラン:1836円
  • S!ベーシックパック:324円
  • データ定額パック5GB:5400円
  • ウェルカム割引:-432円
  • 通信料割引:-3450円

合計月額:7,578円(税込)

 

キャッシュバックを貰うためにauやドコモからMNPするメリットはあるか?

ネクストモバイルのスマホセットプランを申し込んでキャッシュバックを貰うために、ドコモやワイモバイル、auからMNPをするメリットがあるか検証したいと思います。機種代金は全て払っていると仮定します。

 

更新月以外の解約金

まず、ドコモやワイモバイル、auで2年や3年契約などをしていると思いますので、更新月以外に解約すると9500円掛かります。

 

MNPの費用

さらにMNP転出費用に3000円とMNP転入費用をソフトバンクに3000円支払うので、合計15500円かかります。

 

ただし、auの場合ワイマックス2を契約すれば、auスマートバリューで月々のスマホ料金934円割引がありますのでそちらも考慮に入れる必要があります。

 

ドコモやワイモバイルからソフトバンクに乗り換えした場合

  • ネクストモバイル2年間の合計:69240円
  • 乗り換え費用:15500円
  • キャッシュバック:-33120円

合計費用⇒51,620円

ドコモなどから乗り換えせずにGMOを契約した場合は、¥55,007または¥68,741になるので、ドコモからソフトバンクに乗り換える場合は、GMOとくとくBBよりお得だと言えます。

 

ただし、ソフトバンクの5GBプランに入る必要があるので、現在のドコモ、ワイモバイルのプランと比較する必要があります。

 

auからソフトバンクに乗り換えした場合

  • ネクストモバイル2年間の合計:69240円
  • 乗り換え費用:15500円
  • キャッシュバック:-33,120円

合計費用⇒51,620円

これとauを使い続けて、GMOとくとくBB&スマートバリューを使った場合の金額と比較します。

 

7GB制限プランの場合

  • GMOとくとくBB2年間の合計:55,007円
  • 乗り換え費用:無
  • スマートバリュー割引2年合計:-22,416円

合計費用⇒33,591円

 

無制限プランの場合

  • GMOとくとくBB2年間の合計:68,741円
  • 乗り換え費用:無
  • スマートバリュー割引2年合計:-22,416円

合計費用⇒46,325円

 

auを使っている場合、7GB制限有りプランでも無制限プランでもauを使い続けてGMOに入ったほうが安いです。

 

さらに、ネクストモバイルは無制限プランが無い事も忘れないようにしてください。⇒GMOキャッシュバック詳細はこちら

 

ネクストモバイルを選ぶのが最適な人は

以上を踏まえて、ワイモバイルでもWiMAXでもなく、ネクストモバイルのプランを選ぶべき人はこんな人です。

  • 月額を安く抑えつつ月間7GB以上12GB以下でデータ通信を行いたい人
  • 余計な手続きやオプションで契約後に不安になりたくない人
  • ドコモやワイモバイルからソフトバンクにMNPしてキャッシュバックを受け取れる人

キャッシュバックを貰うには条件がありますので、現在のauやドコモの料金プランとソフトバンクのデータ定額5GBプランとの料金比較も忘れないようにしてください。⇒NEXTmoible公式サイトはコチラ

 

ネクストモバイルの申し込み方法

まずは、NEXTmoible公式サイトへアクセスしてください。

 

そして、以下の画像を探し「モバイルルーターをお申込みする」ボタンをクリックします。日本語が少し変ですが気にしないで大丈夫です。
ネクストモバイル申込み
クリックしたら以下の流れで申し込みを行います。

 

※2016/09/13追記
申し込みフォームがシンプルになり分かりやすくなりました。

 

具体的には「個人情報の入力」「オプションの選択」「重要事項の確認」の3つだけで良くなりました。

 

また「かんたんお申込みフォーム」から個人情報入力するだけで向こうから連絡してくれるような仕組みになっています。

 

1/希望商品の選択

ネクストモバイル端末
この項目は選択肢が一つしかないのでそのままで大丈夫です。

 

2/料金プランの選択

ネクストモバイル料金プラン
この項目は「月額料金プラン」はそのまま、「お支払い方法」についてはクレジットカードか口座振替のどちらかを選択します。

 

3/オプションの選択

ネクストモバイルオプション
こちらはオプションに加入するかどうかを選ぶ項目です。

 

安心保守パック

「安心保守パック」はポケットWiFi本体の故障や紛失を保守してくれるオプションです。

 

ネクストモバイルは端末をレンタルするという契約ですので、紛失した場合は4万円掛かります。心配な方は入って置くと良いですが、結構高いです。

 

端末が故障するというのは水が掛かったりしない限りほとんど大丈夫ですが、紛失だけはしないように気を付けてください。

 

MyNEXTサポート

こちらは、パソコン操作のサポートとメールアカウントの開設、セキュリティソフトのセットオプションです。

 

どれもわざわざネクストモバイルを通して入る必要は無いのでチェックを外しておくことをお勧めします。

 

4/スマホ購入の選択

ネクストモバイルスマホ
こちらは同時にソフトバンクのスマホを申し込むかどうかを選択します。

 

キャッシュバックを受け取りたい方は必ずチェックをしてください。

 

全て選択したら、「お客様情報の入力」ボタンをクリックします。

 

5/お客様情報の入力

こちらで名前や連絡先、住所をフォームに従って入力していきます。

 

スマホを申し込む方は、「新規」「MNP」の選択と現在契約中のキャリアも選択しておきましょう。

 

以上で入力は完了です。入力確認画面に進み、申し込みを完了させて下さい。

 

当日中か翌日にネクストモバイルから連絡がきて申し込みの確認などを行ってくれます。

 

6/重要事項説明への同意確認

利用規約に同意する項目です。しっかり読んでくださいと言っても面倒だと思うのでこれまで書いてきた事以外に注意点が無いか読んでみました。

 

SIMカード再発行手数料:3000円

端末の中に入っているSIMカードを失くしたときは3,000円掛かりますよ。という事です。

 

なので必要以外で端末からSIMカードを抜かないようにしてください。

 

督促手数料:300円

料金を滞納した場合、書面での請求書発行に1通に付き300円掛かりますよ。という事です。

 

料金を滞納しなければ大丈夫です。

 

注意点としてはこのぐらいです。解約方法は下で説明しています。

 

NEXTmoible公式サイトはコチラ

 

解約の方法と注意点

ネクストモバイルの解約手順は以下のような流れです。

 

1,解約したい月の締日(毎月20日)までにNEXTmobileお客様サポートセンターへ電話で解約の旨を伝える
2,その月の翌月5日までにルーターを返却する

 

解約の注意点

解約の連絡が21日以降になってしまうと翌月分の利用料も発生してしまいます。

 

また、月末までにルーターを返却しないと損害金を請求される場合があるので注意してください。

 

NEXTmobileお客様サポートセンターの連絡先

  • TEL:0570-015-154
  • 営業時間:11:00~18:00(日曜日および年末年始休業)
  • support@next-mobile.jp

 

ルーター返却先

株式会社 グッド・ラック:〒910-2178 福井県福井市栂野町第15号1番地2

 

ネクストモバイル公式サイト:https://next-mobile.jp/

 

【後悔しないために】やっておきましょう。

契約年数や利用目的・あなたのネット環境からWimax2+/ワイモバイルLTE/4G全てを比較し最適なプランが分かります。

ルーター最安値
希望データ容量は? 月7GB  月12GB  無制限 
合計費用で安く?
月額を安く?
キャッシュバックを使って一番安く契約したい
最安値では無いが月額をとにかく抑えたい
料金よりも「手続きの簡単さ」「安心感」を優先したい

不明な点や不安な点はありますか?

ネクストモバイルのポケットWiFiは安いのか?関連ページ

ワイモバイル4G/LTEの速度制限・帯域制限のまとめ
ワイモバイル4G(GL-09・10P)やLTE(GL-06.04P)の分かりにくい速度制限・帯域制限について詳細をまとめました。
PocketWiFi305ZTと303HWを比較!エリアや機能の違いは?
ワイモバイルの端末、305ZT、303hw、GL10p、GL09pのエリアや機能など様々な違いを比較してみました。
ポケットwifi一括0円月額2075円在庫限り!
ワイモバイルポケットwifi305ZT、303HW、GL10Pが最大一括0円月額2075円キャンペーンが開始されました。
Yahoo!wifiに騙されないために知っておくべき全注意事項
Yahoo!wifiに契約を申しこむ前に知っておくべき対応エリア、料金、速度制限、解約金、公衆無線LANなど10個の注意事項と口コミや評判